MENU

検索ボリュームの調べ方5選について初心者向けに解説!

  • URLをコピーしました!

ある程度ブログ運営に慣れてきたら「Google検索ボリューム」を意識した記事の作成がおすすめです。

せっかく作成した記事もGoogleの検索ボリュームが全くなければ、検索される可能性が低いです。

SNSやブログランキングなどからの流入はあるかもしれませんが、Googleからの検索はかなり大事ですので、検索ボリュームを意識することが大切です。

Google検索ボリュームを調べる前のキーワード調査方法と、検索ボリュームの調べ方について解説します。

Google検索ボリュームを調べたい複合キーワードを、ツールを使って調べる方法ですが、次に紹介するツールを使って調べることができます。

  1. Googleキーワードプランナー
  2. Ubersuggest(Chrome拡張機能あり)
  3. Keyword Surfer(キーワードサーファー)(Chrome拡張機能)
  4. aramakijake.jp(アラマキジャケ)
  5. Ahrefs(エイチレフス)
目次

google検索ボリュームとは

Google検索ボリュームとは、Googleの検索エンジンで、キーワードが検索された回数のことです。

検索ボリューム(検索回数)が多いと、記事にアクセスされる回数が増えますが、検索ボリュームが少ないと、記事にアクセスされる可能性は少なくなります。

どちらにしろ、上位表示されているというのが大前提となります。

上位表示については下記の記事にまとめていますが、とても大事です。

google検索ボリュームを調べる前にキーワード調査

Google検索ボリュームを調べる前に、調べたいキーワードを考える必要があります。

例えば、「WordPressテーマ、SWELL、レンタルサーバー、ConoHa WING」といったイメージです。

キーワードが決まったら、次に便利なツールを使用して複合キーワードを洗い出します。

使うツールは、無料で使える「ラッコキーワード(関連キーワードツール(仮名・β版))」です。

ラッコキーワードの使い方は簡単で、検索窓にキーワードを入れるだけです。

検索すると、結果が下記のように表示されますので、「全キーワードコピー(重複除去)」を選択すれば、対象の複合キーワードを取得することができます。

google検索ボリュームをツールを使って調べる方法

Google検索ボリュームを調べたい複合キーワードを、ツールを使って調べる方法ですが、次に紹介するツールを使って調べることができます。

  1. Googleキーワードプランナー
  2. Ubersuggest(Chrome拡張機能あり)
  3. Keyword Surfer(キーワードサーファー)(Chrome拡張機能)
  4. aramakijake.jp(アラマキジャケ)
  5. Ahrefs(エイチレフス)

ツールは環境によって使いやすさが異なりますので、自分にあったツールを見つけましょう。

①Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google公式のツールで、広告を掲載するための入札単価や、キーワードの検索ボリュームなどを調べることができます。

多くの人が利用しているのが、このGoogleキーワードプランナーですね。

注意点として、Googleキーワードプランナーを利用するには、Googleのアカウントを登録するだけではなく、別に登録が必要です。

調べたいキーワードを入力して検索すると、検索ボリューム、競合性が調べることができ、結果はcsvなどでダウンロードすることができます。

ランクトラッカー(Rank Tracker)は、Googleキーワードプランナーを登録しなくても検索ボリュームの確認ができるので便利です。

②Ubersuggest(Chrome拡張機能あり)

Ubersuggestは、ドメインかキーワードを入力するだけで、競合に勝てるSEO戦略を提供してくれるツールです。

Ubersuggestは無料で利用することができますが、無料版では1日あたりの検索回数が制限されています。

無料で利用したい人は、Chromeを利用している人であれば、Chrome拡張機能が利用できますので、おすすめです。

Chrome拡張機能の機能は限られていますが、検索ボリューム(Vol)、クリック単価(CPC)、競合分析(SD)を確認することができます。

使い方は簡単で、Chromeの拡張機能を追加後、Googleで普通に検索すると、サイドバーに下記のように結果が表示されます。

下記は、Ubersuggestの料金プランで、最初からの購入が不安な方は、無料トライアルにも対応しています。

③Keyword Surfer(キーワードサーファー)(Chrome拡張機能)

Keyword Surfer(キーワードサーファー)は、検索ボリュームなどを調査することができる無料で使える「Chromeの拡張機能」です。

使い方は簡単で、Chromeの拡張機能を追加後、Googleで普通に検索すると、サイドバーに下記のように結果が表示されます。

④aramakijake.jp(アラマキジャケ)

aramakijake.jp(アラマキジャケ)は、検索順位別に検索数を調べることができるキーワード検索数調査・予測ツールです。

調べたいキーワードを入力して検索すると下記のように結果が表示されます。

⑤Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefs(エイチレフス)は、世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。

機能は優れていますが、無料での利用はできず、有料のサービスです。

ブログ運営の初期段階では、無理して導入しなくていいと思います。

ある程度実績が出た後に、更に結果を伸ばしたい時に検討してみるといいと思います。

google検索ボリュームが100~1000(競合低)のキーワードを記事に設定

検索ボリュームを調べた後は、どのキーワードを記事に設定するかを考えます。

検索ボリュームが多い方が理想ですが、「競合」も多くなります。

逆に検索ボリュームが少なすぎると、競合は少ないですが、検索されないのであまり意味がありません。

注意点としては、検索ボリューム多い=競合多い、検索ボリューム少ない=競合が少ない、とは限らないということです。

検索ボリュームが多くても、競合が少ない場合や、検索ボリュームが少なくても、競合が多い可能性があります。

Google検索ボリュームの目安としては、最初は100~1000に設定し、それ以外のキーワードは設定しないことです。

キーワードの種類としては、最初は「スモールキーワード」での上位表示を目指します。

キーワードの種類検索ボリューム
スモールキーワード1,000未満
ミドルキーワード1,000~10,000
ビッグキーワード10,000以上

Google検索ボリュームをツールを使って調べる方法の時に、難易度も確認することができますので、難易度が低く、検索ボリュームが100~1000のキーワードを記事のキーワードに設定しましょう。

まとめ:検索ボリュームの調べ方5選について初心者向けに解説!

ある程度ブログ運営に慣れてきたら「Google検索ボリューム」を意識した記事の作成がおすすめです。

Google検索ボリューム調べる方法は複数ありますので、自分の環境にあった使いやすいツールを選びましょう。

  1. Googleキーワードプランナー
  2. Ubersuggest(Chrome拡張機能あり)
  3. Keyword Surfer(キーワードサーファー)(Chrome拡張機能)
  4. aramakijake.jp(アラマキジャケ)
  5. Ahrefs(エイチレフス)

ツールを使って調査した結果キーワードに設定するポイントは、難易度が低く、検索ボリュームが100~1000です。

ブログの始め方
初心者の方でも簡単に始めることができます

ブログランキング
ブログランキングに参加しています

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次