MENU

毎日3000円コツコツ稼ぐ!副業9選!一番のおすすめは!?

  • URLをコピーしました!

副業を選ぶポイント、おすすめの副業9選について「仕事内容・初期費用・メリット・デメリット・始め方」を解説しています。

現状の自分に合った副業は見つかると思いますので、これから毎日3000円をコツコツ稼ぐ事を検討している人は参考にしてみてください。

毎日3000円をコツコツ稼ぐことが出来れば、1ヶ月で約9万円を稼ぐことができる計算になります。

毎日3000円コツコツ稼ぐ方法9選
  1. Webライター(フロー型)
  2. せどり(フロー型)
  3. プログラミング(フロー型)
  4. Webデザイン(フロー型)
  5. 動画編集(フロー型)
  6. アフィリエイトブログ(ストック型)
  7. YouTube(ストック型)
  8. ハンドメイド(ストック型)
  9. デジタルコンテンツ販売(ストック型)

毎日3000円コツコツ稼ぐ方法9選の中で一番のおすすめは、アフィリエイトブログです。

アフィリエイトブログは、アフィリエイト広告を設定することにより、広告収入を得る事が出来ます。

長期運用が大前提ですが、3000円以上の広告は沢山ありますので、1日3000円以上稼ぐ事は可能です。

目次

毎日3000円コツコツ稼ぐ副業を選ぶポイント

毎日3000円コツコツ稼ぐ方法を選ぶポイント
  1. フロー型とストック型の違いを理解する
  2. 自分が興味のある副業で、長く続けられる副業を選択する
  3. 納期が厳しくない副業を選択する
  4. 初期費用、固定費用がかかるものに注意する
  5. 時間の切り売りは避ける
  6. 詐欺に注意する
  7. ネットワークビジネスは避ける
  8. 簡単に稼げる副業はないと肝に銘じる

①フロー型とストック型の違いを理解する

収入には、「フロー型」と「ストック型」の2種類あります。

フロー型は、作業や販売などに対してその対価を得る収入のことです。

それに対して、ストック型は、YouTubeなどの動画、ブログなどの記事、情報コンテンツなどに対して継続的に対価を得ることができる収入のことです。

フロー型ストック型
メリット働けばすぐに収入が発生する仕組み化が出来れば、働かなくても収入が発生する可能性がある
大きな収入が得られる可能性がある
デメリット働くのをやめたら収入が得られなくなる
大きな収入を得るのは難しい
収入が発生するまでに時間がかかる
収入が発生するとは限らない
副業の例Webライター
せどり
プログラミング
ウェブデザイン
動画編集
アフィリエイトブログ
YouTube
ハンドメイド
デジタルコンテンツ販売

今すぐにでも収入が必要な場合は、確実に収入が発生するフロー型で、本業の収入を超える事を目標としている人や、継続的に収入を稼ごうとしている人は、ストック型の副業を育てていくのが、おすすめの方法です。

ストック型は、すぐに収入が発生しないケースが多いので、長期的に考えておく必要があります。

②自分が興味のある副業で、長く続けられる副業を選択する

単発で短期間で考えている場合は、自分が興味のない副業でも、目的が「収入を稼ぐ」ということであれば、問題ありません。

ただ、そうでない場合は、自分が興味のある副業で、長く続けられる副業がどうかが大切なポイントの一つです。

多くの人が今すぐ本業の代わりを探しているのではなく、本業の収入にプラスすることを考えていたり、将来的に本業の代わりになる副業を探しているかと思います。

自分が興味のない副業の場合、本業の隙間時間や土日などの休み時間にやるのが苦痛になってきます。

収入の金額の大きさも大切ですが、まずは自分が興味のある副業、興味が持てそうな副業を選択するのが大切です。

長期的に見ても長く続けられそうかも考えてみましょう。

③納期が厳しくない副業を選択する

本業の合間に副業をするケースが多いと思いますので、納期が厳しい副業の場合は、精神的にも肉体的にもきつくなる可能性が高いです。

自分が対応できる範囲の納期のスケジュールで、対応できる副業がおすすめです。

④初期費用、固定費用がかかるものに注意する

副業の種類によっては、初期費用、固定費用がかかるものがあります。

予算の範囲内であればいいのですが、初期費用がかかり過ぎる場合、固定費用がかかり過ぎる場合は注意が必要です。

確実に初期費用、固定費用を回収できれば大丈夫ですが、回収が出来れなければ何のために副業をスタートしたのかわからなくなります。

副業を始める前に、初期費用、固定費用は予算の範囲内かを確認しましょう。

⑤時間の切り売りは避ける

アルバイトなどの時間の切り売りをする副業はなるべく避けた方がいいです。

すぐにまとまった収入が確実に必要な場合は、アルバイトの手段は問題ないですが、理想は本業とは別に将来ストック型の副業に育てるための時間に費やした方がいいです。

⑥詐欺に注意する

副業を始めようとすると色々な情報が入ってくるようになります。

  • 作業時間は1日数分~30分以内でOK!
  • スマホ1台で誰でも稼げる!
  • 稼げるまで完全サポート!
  • 楽して稼げる!

など、正しい情報もあるかもしれませんが、詐欺系の情報も沢山あります。

正しい判断が出来ない時ほど、騙される可能性がありますので、詐欺系の情報には注意をしましょう。

⑦ネットワークビジネスは避ける

ネットワークビジネスは、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)、マルチ商法と呼ばれることもありますが、会員の口コミで商品を売っていく手法のことです。

国内で有名な会社は、日本アムウェイです。

口コミですので、友達や会社の人から、ネットワークビジネスについての勧誘を受ける機会があるかもしれません。

ただ、ネットワークビジネスは、出来ればやめておいた方が無難です。

もちろん成功している人もいますが、ネットワークビジネスをきっかけに友達との信頼を失ったり、関係が悪化するケースはよく耳にします。

デメリットも考慮して始めるであれば、自分の責任でスタートするのはいいと思いますが、一般的には、避けた方が無難だと思います。

⑧簡単に稼げる副業はないと肝に銘じる

お金を稼ぐ事は簡単な事ではないです。

本業で考えれば分かると思いますが、今の会社で働いて給料を貰うために、義務教育を受け、大学を卒業し、就職活動を一生懸命して、ようやく今の会社にたどり着いたと思います。

同じくらいの収入を稼ごうと思ったら、それなりの知識と時間が通常はかかります。

誰でも簡単に楽な仕事で稼ぐことができれば、みんなしています。

簡単に稼げる副業はないと肝に銘じる必要があります。

毎日3000円コツコツ稼ぐ!副業9選

毎日3000円コツコツ稼ぐ方法9選
  1. Webライター(フロー型)
  2. せどり(フロー型)
  3. プログラミング(フロー型)
  4. Webデザイン(フロー型)
  5. 動画編集(フロー型)
  6. アフィリエイトブログ(ストック型)
  7. YouTube(ストック型)
  8. ハンドメイド(ストック型)
  9. デジタルコンテンツ販売(ストック型)

①Webライター(フロー型)

仕事内容

依頼主から記事のテーマやキーワードを指定されるので、それに沿って情報収集などを行い、記事を作成する副業です。

初期費用

Webライターに関する参考書、パソコン、インターネット環境にかかる費用がかかります。

メリット
  1. 記事を作成する環境さえあれば、基本的には誰でもできる。
  2. 時間と場所を選ばず、自分のペースでできる。
  3. スキルアップをしていけば、文字単価が上がり、稼げる金額も増える。
デメリット
  1. 最初は、文字単価が低く、時給換算にするとかなり低い額しか稼ぐことができない。
  2. 全くの初心者だと、応募できる案件が限られる場合がある。
Webライターの始め方
  1. Webライターについて、どんな仕事なのかを簡単でもいいので学ぶ。
  2. 「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスに「無料」で登録する。
  3. 未経験でも対応できる案件に応募し、仕事を受注する。

WEBライター検定3級は、無料で登録できるクラウドワークスに登録していれば、誰でも無料で受験することが出来ます。

②せどり(フロー型)

仕事内容

せどりは、仕入れをした物を仕入れ額より高く売る事で、利益を出す副業です。

初期費用

仕入れする物によって異なります。

メリット
  1. 初心者でも稼げる可能性が高い。
  2. 難しいスキルが不要。
  3. すぐに始められる。
  4. 短期間で成果が出やすい。
デメリット
  1. 仕入れが必ず必要なので、仕入れのタイミングで必ずお金が必要になる。
  2. ネットではなく店舗なので仕入れをする場合は、地域格差が出る。
せどりの始め方
  1. 対象の商品を決め、商品の仕入れをする。
  2. メルカリなどに登録する。
  3. 仕入れた商品をメルカリなどに出品する。

③プログラミング(フロー型)

仕事内容

プログラミングは、Webサイト制作、Webアプリケーション開発、スマートフォンアプリ開発、ソフトの開発など、プログラミング言語を使って開発などをする副業です。

プログラミング言語は、HTML、CSS、JavaScript、PHP、Python、Rubyなどがあります。

初期費用

プログラミングスキルを習得するのに必要な参考書や、プログラミングスクールなどの受講費用がかかります。

メリット
  1. 時間と場所を選ばず、自分のペースでできる。
  2. スキル・実績が増えれば、高収入が狙える。
  3. 転職、独立が有利になる。
デメリット
  1. プログラミングスキルが必要になる。
  2. 納期が決まっている場合が多いので、時間に追われる可能性がある。
プログラミングの始め方
  1. プログラミングに必要な最低限の知識を習得する。
  2. 「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスに「無料」で登録する。
  3. 未経験でも対応できる案件に応募し、仕事を受注する。

④Webデザイン(フロー型)

仕事内容

バナー制作、ホームページ(Webサイト)更新、CMSのカスタマイズなどをする副業です。

初期費用

ウェブデザインを学ぶために必要な参考書や、Webデザインスクール代などの受講費用がかかります。

メリット
  1. 時間と場所を選ばず、自分のペースでできる。
  2. スキル・実績が増えれば、高収入が狙える。
  3. 転職、独立が有利になる。
デメリット
  1. Webデザインのスキルが必要になる。
  2. 納期が決まっている場合が多いので、時間に追われる可能性がある。
Webデザインの始め方
  1. Webデザインに必要な最低限の知識を習得する。
  2. 「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスに「無料」で登録する。
  3. 未経験でも対応できる案件に応募し、仕事を受注する。

⑤動画編集(フロー型)

仕事内容

イベント(結婚式や誕生会)で流す動画、商品やサービスの動画、YouTuberが撮影した動画の作成、編集などを行う副業です。

初期費用

動画編集ソフト、動画編集を学ぶための参考書、スクールなどの受講費用がかかります。

メリット
  1. 時間と場所を選ばず、自分のペースでできる。
  2. 仕事として需要がある。
デメリット
  1. 動画編集のスキルが必要になる。
  2. 納期が決まっている場合が多いので、時間に追われる可能性がある。
動画編集の始め方
  1. 動画編集に必要な最低限の知識を習得する。
  2. 「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスに「無料」で登録する。
  3. 未経験でも対応できる案件に応募し、仕事を受注する。

⑥アフィリエイトブログ(ストック型)

仕事内容

ブログサイト、記事の作成をし、アフィリエイト広告を設定することにより、広告収入を得ることができる副業です。

初期費用

初期費用0円でスタートすることも出来ますし、比較的初期費用をおさせてスタートすることができます。

当サイトでかかった初期費用、固定費用は下記の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

メリット
  1. 初期投資が低く、リスクが低い。
  2. 自分のペースででき、年齢、性別、場所の制限もない。
  3. 開発、営業活動、問合せの対応が不要。
  4. 本業の給料を上回る可能性がある。
  5. 運用が軌道に乗れば、ブログの作業時間は減る可能性がある。
デメリット
  1. 長期運営が大前提なので、稼ぐまでに時間がかかる。
アフィリエイトブログの始め方
  1. WordPressの場合は、レンタルサーバーを契約する。
  2. WordPressをインストールし、WordPressテーマをインストールする。
  3. 記事を投稿する
  4. ASPに登録し、広告の設定をする。

ブログの始め方は、下記の記事で詳しく解説しています。

⑦YouTube(ストック型)

仕事内容

動画を撮影し、その動画をYouTubeに配信することで、広告収入、チャンネルメンバーシップ、スーパーチャット(投げ銭)などで稼ぐことができる副業です。

初期費用

初期費用0円でスタートすることも出来ます。
必要に応じて、動画撮影の機材、編集ソフト、動画撮影に必要な環境等の準備費用等がかかります。

メリット
  1. 初期費用が低い。
  2. 自分の好きな事の動画を配信することで、楽しみながらできる。
  3. 動画編集スキルが身に付く。
デメリット
  1. 顔出しをしていれば、会社にバレる可能性がある。
  2. 収益化に時間がかかる。
  3. 炎上する可能性がゼロではない。
YouTubeの始め方
  1. Googleアカウントを登録する。
  2. YouTubeのチャンネルを開設し、初期設定などを行う。
  3. 動画撮影を撮影し、編集をする。
  4. 動画を投稿する。

⑧ハンドメイド(ストック型)

仕事内容

自分で作った商品を、インターネット上で販売する副業です。

初期費用

商品を作るために必要な費用が発生します。
商品の内容によって、少額な場合もあれば、高額になる可能性があります。

メリット
  1. 自分が好きな商品を作ることができる。
  2. 自分のペースで作業ができる。
  3. 売れれば、やりがい、喜びがうまれる。
デメリット
  1. 売れるとは限らない。
  2. 商品によっては、1つ作成するのに時間がかかる。
  3. 全く売れなければ、商品を作るのにかかった費用は無駄になる。
ハンドメイドの始め方
  1. 販売する商品を決めて、商品を作る。
  2. 販売するサイト、ブログ、SNSなどを決めて、登録する。
  3. 2で登録した内容で、商品を登録して、販売する。

⑨デジタルコンテンツ販売(ストック型)

仕事内容

デジタルコンテンツ販売は、自分の知識や経験などを、ブログ、動画、PDFなどにデジタル化したものを販売する副業です。

初期費用

初期費用0円でスタートすることも出来ます。

メリット
  1. 商品を仕入れたりするわけではないので、無駄なコストがかからない。
  2. 販売数が増えればその分、利益になり、大きく稼げる可能性がある。
  3. 顔出しは不要。
デメリット
  1. 内容と販売価格が見合っていないと詐欺などで訴えられる可能性がある。
デジタルコンテンツ販売の始め方
  1. 販売内容を決める。
  2. 販売方法(テキスト、音声、動画など)に合わせてコンテンツを作成する。
  3. 販売プラットフォーム(note、Brain、infotopなど)に登録し、コンテンツをアップする。

クラウドソーシングサービス

副業を紹介する中で出てきた、クラウドソーシングサービスの「クラウドワークス」や「ランサーズ」についての詳しい説明については、下記の記事を参考にしてみてください。

クラウドワークス

ランサーズ

毎日3000円コツコツ稼ぐ!副業9選の中で一番のおすすめはブログ

環境やその人の状況によっても異なりますが、私の一番のおすすめの副業は、「アフィリエイトブログ」です。

「毎日3000円コツコツ稼ぐ副業9選」の中でも紹介しましたが、下記のメリットがあり、「ストック型」で誰にでもチャンスがあるからです。

ブログのメリット
  1. 初期投資が低く、リスクが低い
  2. 自分のペースででき、年齢、性別、場所の制限もない
  3. 開発、営業活動、問合せの対応が不要
  4. 本業の給料を上回る可能性がある(副業禁止でもスタートが可能)
  5. 運用が軌道に乗れば、ブログの作業時間は減る可能性がある

①初期投資が低く、リスクが低い

ブログは他の副業などに比べて初期費用があまりかかりません。

ブログを始めるには、必ずサイトの作成が必要で、サイトの作成方法は、無料のブログサービスで作成する方法とWordPressで作成する方法があります。

WordPressで作成する場合は、有料のレンタルサーバーの契約は必須で、WordPressテーマの有料版を使う場合は、更に費用が発生します。

もし、無料のブログサービスを利用する場合であれば、初期費用はゼロ円ですし、WordPressで作成する場合であっても、無料のWordPressテーマを利用すれば、レンタルサーバー費用のみです。

レンタルサーバーの費用は、月額1000円以内でも利用できます。

私の場合は、1年目は、レンタルサーバー(ConoHa WING)、有料のWordPressテーマ(SWELL)、検索順位チェックツール2種類(GRC・Rank Tracker)を購入したので、「57,166円」かかりましたが、それでもこの金額のみです。

詳細は、下記の記事でも詳しく紹介しています。

初期費用が全く出せない人は、初期費用をカバーするためにも、ASPのセルフバック機能を使って、事前に初期費用分を稼いでしまう方法もあります。

②自分のペースででき、年齢、性別、場所の制限もない

ブログは、決まった時間に対応しないというわけではなく、自分のペースで、自分の好きな時間に作業ができます。

しかも、年齢、性別、作業場所の制限がありません。

必須の環境としては、インターネットが繋がっているパソコンのみで、パソコンが操作できる場所であればどこでも大丈夫です。

タブレットやスマホでも作業は出来ますが、作業効率を考えると、最低でもタブレット、理想はパソコンがあると作業が捗ります。

③開発、営業活動、問合せの対応が不要

アフィリエイトブログは、サイトを作成して、記事を投稿し、ASPで取り扱いをしている広告を設定するのみです。

何かの商品・サービスを開発する必要はないですし、営業活動をする必要もありませんし、その商品・サービスに対する問い合わせの対応も必要ありません。

また、在庫をかかえたりすることもありませんので、リスクはありません。

④本業の給料を上回る可能性がある(副業禁止でもスタートが可能)

ブログで稼ぐのには時間がかかりますが、将来的に本業の給料を上回る可能性があります。

本業はどんなに頑張っても給料を激的にアップさせることは難しいですが、ブログは頑張り次第では、かなりの収入を期待することができます。

アフィリエイト広告さえ設定しておかなければ、報酬は絶対発生しませんので、まずはブログを育てることから始めれば、副業禁止でもスタートができます。

例えば、将来的に本業を辞めたいと思っている人は、まずはブログをスタートし、本業の給料を超える収益化が見込める段階まで来たら、そのタイミングで本業を辞めるという方法もあります。

確定申告が必要な所得金額は、サラリーマン、副業ブロガー、他の副業での収入がない人の場合は、年間20万円を超えた金額です。

確定申告が必要な金額を稼いだ時は、かならず確定申告を行いましょう。

⑤運用が軌道に乗れば、ブログの作業時間は減る可能性がある

本業の場合は、勤務時間に働かなければ給料は発生しませんが、ブログの場合はそうではありません。

ブログで作業を沢山したからといって沢山の報酬が発生するわけではなく、ブログにアクセスが沢山あれば、報酬が増える可能性がアップしていきます。

最初はアクセスを増やすために作業は沢山必要ですが、ある程度軌道に乗れば、全く作業をしなくても報酬は発生し続ける可能性があります。

もちろん、ブログ記事は鮮度も大事ですので、古い情報などは定期的にメンテナンスは必要ですが、最初の頃と比べると作業時間は減ったのに、収益は増えているという可能性があります。

毎日3000円コツコツ稼ぐことが出来たら確定申告の準備

サラリーマン、副業ブロガー、他の副業での収入がない人の場合、確定申告が必要な所得金額は、年間20万円を超えた金額です。

そのため、年間20万円を超えたら必ず確定申告を行いましょう。

確定申告については、下記の記事で詳しく解説しています。

もし、確定申告をされる場合は、簿記知識も不要な「やよい」がおすすめです。

また、青色申告で確定申告を行うには「開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)」と「青色申告承認申請書」の2種類の書類の提出が必要になりますので、事前に準備が必要です。

書類の作成は、手書きで作成する方法もありますが、無料で簡単にweb上で作成できるfreee開業、マネーフォワードクラウド開業届がおすすめです。

freee開業、マネーフォワードクラウド開業届について、それぞれの比較結果については下記の3つの記事を参考にしてみてください。

まとめ:毎日3000円コツコツ稼ぐ!副業9選!一番のおすすめは!?

副業を検討している人の環境によってベストな副業は異なってきます。

「毎日3000円コツコツ稼ぐ副業を選ぶポイント」も参考にしながら、自分に一番あったベストな副業を始めてみましょう。

毎日3000円コツコツ稼ぐ方法を選ぶポイント
  1. フロー型とストック型の違いを理解する
  2. 自分が興味のある副業で、長く続けられる副業を選択する
  3. 納期が厳しくない副業を選択する
  4. 初期費用、固定費用がかかるものに注意する
  5. 時間の切り売りは避ける
  6. 詐欺に注意する
  7. ネットワークビジネスは避ける
  8. 簡単に稼げる副業はないと肝に銘じる
毎日3000円コツコツ稼ぐ方法9選
  1. Webライター(フロー型)
  2. せどり(フロー型)
  3. プログラミング(フロー型)
  4. Webデザイン(フロー型)
  5. 動画編集(フロー型)
  6. アフィリエイトブログ(ストック型)
  7. YouTube(ストック型)
  8. ハンドメイド(ストック型)
  9. デジタルコンテンツ販売(ストック型)

ブログの始め方
初心者の方でも簡単に始めることができます

ブログランキング
ブログランキングに参加しています

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次