MENU

副業・趣味として「プログ」を始めよう!
初心者の方でも簡単にブログを開設できます

プログの始め方
  • ブログは、無料のサービスなど)でも始めることができます。
    でも、本格的に始めるならWordPressにしましょう。
  • WordPressは、①レンタルサーバーの契約をして、②WordPressテーマを適用すれば、初心者でも簡単です。
    WordPressテーマは、無料でもOKです。
    もし有料テーマを選択するなら、当サイトでも利用しているSWELLが優良でオススメです。
レンタルサーバーのキャンペーン情報
  1. :2024年5月24日までキャンペーン中「月額643円~」
  2. :2024年6月5日までキャンペーン中「月額495円~」
  3. :無料で10日間お試し!「月額550円~」

(ConoHa WING)

(エックスサーバー)

(ロリポップ)

ConoHa WINGお得にブログを始める

おすすめWordPressテーマ

格安スマホに変更して「節約」しよう!
手続きは意外と簡単です

スクロールできます
格安スマホ
公式HPイオンモバイルpovoLINEMOUQ mobile
プラン音声プラン----トクトクプラン
※自宅セット割が適用の場合
Aプラン ST/SU
3GB1,078円1,078円2,970円990円990円990円(1GB)1,078円(1GB)
1,628円(5GB)
10GB1,848円2,178円2,700円2,728円2,178円(15GB)2,178円
20GB1,958円2,728円
それ以上複数有無制限(3,278円)100GB(4,950円)複数有---
回線ドコモ・au楽天・auドコモauソフトバンクauau
税込み価格)

投資を始めて「資産」を増やそう!
初心者の方でも低リスク・少額で始められます

投資(投資信託・NISA・株)を始めるには証券会社の口座の開設(無料)が必要です。
また、1つの証券会社だけではなく、複数の証券会社の口座も開設できます。
ただし、NISAは1人1口座しか持てません。
投資を始めたい方は、まずは口座の開設をしましょう!

スクロールできます
証券会社
公式HP楽天証券
クレジットカード三井住友カード楽天カードau PAY カードMATSUI SECURITIES CARD
ポイントTポイント楽天ポイントPontaポイント松井証券ポイント
単元未満株S株かぶミニ™プチ株取り扱い無し

仮想通貨(ビットコイン)を始めるには暗号資産交換業者へアカウント登録(無料)が必要です。
ただし、始めて仮想通貨の取引をする方は、「余剰資金」を使って慎重に取引をしましょう。
もし実際に始めてみたいと思った方は、まずは「0.01BTC(ビットコイン)」を確保することから始めてみましょう!

スクロールできます
暗号資産交換業者
公式HPbitFlyerDMMビットコイン
ポイントCoincheckつみたて
CoincheckNFT
大口OTC取引
Coincheck貸暗号資産サービス
つみたて暗号資産
貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム
ステーキング
IEO
レバレッジ2倍つみたて
貸して増やす
ステーキング
bitFlyer Lightning
bitFlyer かんたん積立
bitFlyer クレカ
Tポイントから交換
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類は、国内 No.1
> ブログの始め方(副業・趣味として、プログを始めてみませんか?) <

コピペチェックとは?無料版・有料版のおすすめツールを紹介!

  • URLをコピーしました!
(広告)

記事を外注しているのでコピペチェックツールを検討しているのですが、おすすめはありますか?

サラリーマンパパ

コピペチェックは、無料版・有料版がありますが、まずは無料のCopyContentDetector・こぴらんで試してみるのがおすすめです。

コピペチェックツールおすすめ3選
目次

コピペチェックとは

コピペチェックは、ブログの記事を自分で作成するのではなく、外注した時などに有効です。

記事の外注をした場合、その記事が一から作成された記事なのか、既にある記事などをコピペして作成された記事なのかは判断できないため、コピペチェックツールを利用することで、オリジナルの記事かどうかを判断することができます。

また、自分で作成した記事であっても、もしかしたら既に公開されている記事と似た記事と判定される場合もあります。

その場合は重複コンテンツとなり、評価が下がる可能性もありますので、自分の記事投稿のチェックのためにも、コピペチェックツールを使うのは有効です。

記事を外注している人は、コピペチェックツールを利用しましょう。

コピペチェックツールを選ぶポイント

コピペチェックツールは、無料のツールもあれば有料のツールもあります。

無料の場合は、機能に制限がありますが、制限の範囲内で問題ない場合は、無料のツールがおすすめです。

初めてコピペチェックツールを使う人はまずは無料のツールを利用しましょう。

無料のツールを利用した後、機能的に足りないと感じた場合は、その時に有料ツールを検討するのがおすすめです。

コピペチェックツールおすすめ3選

コピペチェックツールおすすめ3選

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは、無料のコピペチェックツールです。

無料の範囲内で利用する場合は、登録も不要です。

チェック方法は簡単で、調査対象の文章を入力し、チェックボタンを押すだけで結果が表示されます。

文章の入力方法は、CSV、テキストの一括登録にも対応しています。

チェックできる文字数の制限は、25文字から4,000文字で、有料プランであれば、8,000文字までチェックが可能です。

CopyContentDetectorの特徴
  • 無料で回数制限なく利用できる
  • 高機能・高精度で簡単に使えるコピペチェック
  • 高速でチェック!Web上のコピペチェック
  • 似たような文章も検知!今まで登録した文章間でのコピペチェック機能
  • 対象サイトをクロールしてコピペチェックを行います
  • コピペチェックの新機能。簡易文章校正機能
  • コピペチェック結果の絞込機能
  • 大量文章の一括コピペチェック!CSV一括登録機能
  • CSVによる結果ダウンロード機能

CopyContentDetectorは有料プランがありますので、無料プランで物足りない方は、有料プランを検討してみましょう。

無料で利用する /

こぴらん

こぴらんは、無料の簡易コピペチェックツールです。

登録不要で無料で利用が可能です。

チェック方法は簡単で、調査対象の文章を入力し、チェックボタンを押すだけで結果が表示されます。

チェック結果は、「文」「類似数」「リンク」の3つの項目が表示され、Web上で見つかった同じ文が使われているページの数を確認するこができます。

類似数が多い場合はコピペの可能性が高いことがわかります。

また、リンクをクリックすることで、コピペ元ページが引用可能なものかどうかをチェックすることができます。

こぴらんの仕様として、自動的に25文字以上80文字未満の文に分解されます。

80文字以上となった文はそれ以降が自動的に削除され、25文字未満の文は、文自体が自動的に削除される仕様になっています。

こぴらんの特徴
  • 入力フォームにリアルタイム文字数カウント機能搭載
  • 入力された文章を自動で80文字未満の文に分解
  • コンマ「,」による手動の文区切りも可能
  • パソコン、タブレット、スマホ等に対応

無料で利用する /

COPIPERIN(コピペリン)

COPIPERIN(コピペリン)は、有料のコピペチェックツールです。

無料の「CopyContentDetector」や「こぴらん」では機能的に物足りない方には、COPIPERIN(コピペリン)を検討してみましょう。

COPIPERIN(コピペリン)は、無料のコピペチェックツールと違い、機能が豊富です。

そのため、記事作成を外注して不安を感じている人などは、COPIPERIN(コピペリン)を導入することで不安が解消されます。

コピペリンの使い方は簡単で、ファイルを読み込むか、テキストをコピペで貼り付けてチェックするだけです。

様々なパターンからコピペを発見することができ、コピー元のサイト一覧にURLが表示されるので、簡単にサイトの特定もでき、コピペされてる文節の比較も簡単です。

COPIPERIN公式HP:チェックしたい文章を読み込む
COPIPERIN公式HP:記事同士(ファイル同士)のコピペを探す
COPIPERIN公式HP:対象のWEBサイトと、自分の記事を全体で比較が可能!
COPIPERIN公式HP:WEBからコピペを探す
COPIPERIN公式HP:徹底的にコピペがないかチェックします!
COPIPERIN(コピペリン)の
  • 文章ごとにチェック
  • あやしい部分は赤くアラート
  • 完全コピー文字は下線で表示
  • あいまい連続一致の文字チェックは赤文字で表示
  • 照合文章一致率をグラフ(%)表示
  • 判定文章一致率をグラフ(%)表示
  • どこが問題かをすぐにチェックが可能
  • レポート機能
  • テキスト貼り付け機能
  • 除外URLの設定が可能
  • 読み込みファイル数の表示
  • 文字コード
  • 設定条件の保存機能
  • 指定URLの読み込み
  • 様々なファイルが読み込み可能

料金は、年間6,600円です。

月額料金ではないので、試しで使ってみたいだけの人は注意が必要です。

COPIPERIN(コピペリン)は、返金保証制度がありますので、決済後に使用した後でイメージと違うのでキャンセルしたいなどの対応が可能なので安心です。

有料で利用する /

まとめ:コピペチェックとは?無料版・有料版のおすすめツールを紹介!

記事を外注化している人は、コピペチェックツールを導入してチェックすると安心して記事の公開ができます。

コピペチェックツールを検討している人は、まずは無料で使えるCopyContentDetector、こぴらんを試してみるのがおすすめです。

登録も不要なので気軽に利用できます。

もし使ってみて機能的に物足りなければ、有料のCOPIPERIN(コピペリン)を検討してみましょう。

コピペチェックツールおすすめ3選
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次