MENU

副業・趣味として「プログ」を始めよう!
初心者の方でも簡単にブログを開設できます

プログの始め方
  • ブログは、無料のサービスなど)でも始めることができます。
    でも、本格的に始めるならWordPressにしましょう。
  • WordPressは、①レンタルサーバーの契約をして、②WordPressテーマを適用すれば、初心者でも簡単です。
    WordPressテーマは、無料でもOKです。
    もし有料テーマを選択するなら、当サイトでも利用しているSWELLが優良でオススメです。
レンタルサーバーのキャンペーン情報
  1. :2024年5月24日までキャンペーン中「月額643円~」
  2. :2024年6月5日までキャンペーン中「月額495円~」
  3. :無料で10日間お試し!「月額550円~」

(ConoHa WING)

(エックスサーバー)

(ロリポップ)

ConoHa WINGお得にブログを始める

おすすめWordPressテーマ

格安スマホに変更して「節約」しよう!
手続きは意外と簡単です

スクロールできます
格安スマホ
公式HPイオンモバイルpovoLINEMOUQ mobile
プラン音声プラン----トクトクプラン
※自宅セット割が適用の場合
Aプラン ST/SU
3GB1,078円1,078円2,970円990円990円990円(1GB)1,078円(1GB)
1,628円(5GB)
10GB1,848円2,178円2,700円2,728円2,178円(15GB)2,178円
20GB1,958円2,728円
それ以上複数有無制限(3,278円)100GB(4,950円)複数有---
回線ドコモ・au楽天・auドコモauソフトバンクauau
税込み価格)

投資を始めて「資産」を増やそう!
初心者の方でも低リスク・少額で始められます

投資(投資信託・NISA・株)を始めるには証券会社の口座の開設(無料)が必要です。
また、1つの証券会社だけではなく、複数の証券会社の口座も開設できます。
ただし、NISAは1人1口座しか持てません。
投資を始めたい方は、まずは口座の開設をしましょう!

スクロールできます
証券会社
公式HP楽天証券
クレジットカード三井住友カード楽天カードau PAY カードMATSUI SECURITIES CARD
ポイントTポイント楽天ポイントPontaポイント松井証券ポイント
単元未満株S株かぶミニ™プチ株取り扱い無し

仮想通貨(ビットコイン)を始めるには暗号資産交換業者へアカウント登録(無料)が必要です。
ただし、始めて仮想通貨の取引をする方は、「余剰資金」を使って慎重に取引をしましょう。
もし実際に始めてみたいと思った方は、まずは「0.01BTC(ビットコイン)」を確保することから始めてみましょう!

スクロールできます
暗号資産交換業者
公式HPbitFlyerDMMビットコイン
ポイントCoincheckつみたて
CoincheckNFT
大口OTC取引
Coincheck貸暗号資産サービス
つみたて暗号資産
貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム
ステーキング
IEO
レバレッジ2倍つみたて
貸して増やす
ステーキング
bitFlyer Lightning
bitFlyer かんたん積立
bitFlyer クレカ
Tポイントから交換
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類は、国内 No.1
> ブログの始め方(副業・趣味として、プログを始めてみませんか?) <

ブログの記事作成代行のメリットとデメリットは?

  • URLをコピーしました!
(広告)

アフィリエイトブログサイトを運営する上で、記事の作成は必須です。

質の高い記事を定期的に投稿できれば理想ですが、記事の作成は時間がかかりますので、思うようにサイト運営が出来ない人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、アフィリエイト活動をサポートしてくるサービスとして、記事作成代行サービスを利用することも検討してみてはいかがでしょうか。

記事作成代行サービスを利用することで、面倒な記事作成にかけていた時間を削減し、その他の作業に注力することができるようになりますのでメリットが大きいです。

\ 公式HPで確認する /

目次

ブログで記事作成代行を利用するメリット

メリット
  1. 記事作成以外の時間を確保
  2. 質の高い記事を投稿
  3. サイトの更新頻度アップ

①記事作成以外の時間を確保

記事作成代行サービスを利用することによって、記事作成にかかっていた時間を他の作業に割り当てることができます。

本業でブログサイトを運営している人も、副業でブログサイトを運営している人も、ブログ運営には対応しなければならないことが沢山あります。

キーワード選定(マーケティング)、広告の選定、記事作成、サイト作成、SEO対策など。

記事作成にかける時間はかなりかかりますので、その時間を外注(記事作成代行サービスを利用)することにより、早く結果を出す事もできるようになります。

記事作成を自分で行うことも大事ですが、「記事作成を外注=時間を買う」という考え方も大事です。

②質の高い記事を投稿

ブログサイトに投稿する記事は質の低い記事で投稿してしまうと、SEO的にも良くないですし、見ている人にも見にくいと思われてしまい、離脱してしまう可能性があります。

記事作成代行のサービスに依頼することで、専門のプロの方が対応してくるサービスであれば、質の高い記事を書いてくれます。

見やすい記事、そしてSEO的にも良い記事を公開できることにより、サイト全体の質アップにも繋がります。

③サイトの更新頻度アップ

サイトの更新頻度をアップするためにも定期的な記事の投稿が必要になります。

定期的な新規の記事作成を外注(記事作成代行サービスを利用)することにより、サイト全体の更新頻度が上がり、サイトへの評価も高まります。

短期間のうちに大量の記事を投稿したい時などは、一人でやるのは限界がありますが、記事作成代行のサービスを利用することで実現することができます。

ブログで記事作成代行を利用するデメリット

デメリット
  1. コストがかかる
  2. 指示や管理の手間がかかる
  3. 外注先やWEBライターの相性の問題

①コストがかかる

記事作成代行サービスを利用すると、必ずコストが発生します。

予算に余裕のある人、既にある程度稼いでいる人でコストをかけることが出来る人であればいいのですが、そうでない人は利用がしにくいです。

また、記事作成代行サービスを利用したからといって必ず結果が出るという保証はありませんので、利用するタイミングも重要です。

②指示や管理の手間がかかる

記事作成代行サービスを利用する際は、どういう記事で書いてほしいか、指示が必要になります。

指示が曖昧だと出来上がった記事が想定していた記事の内容ではなかったということもありますし、的確に指示をする必要があります。

また、記事作成代行サービスを沢山活用する場合など、管理する内容が増えてくるとその分の手間がどうしても発生してしまいます。

③外注先やWEBライターの相性の問題

記事の質やサービスは、記事作成代行サービスの会社によって、実際に記事作成をしてくれるWEBライターによって、異なります。

どんな記事を求めているのかを明確にし、求めている記事を書いてくるのか確認が必要になります。

最初から求めている記事を書いてくれるところを見つけるのは難しいかもしれませんので、自分に合った外注先、WEBライターを見つける必要があります。

ブログで記事作成代行を選ぶポイント

選ぶポイント
  1. 料金
  2. 記事の内容(記事の質・コピー記事)
  3. 作業を途中で終了されないか

①料金

記事の文字数、記事数、依頼したい内容などによって料金が異なります。

分かりやすい料金体系であること、予算の範囲内であるかを確認しましょう。

記事作成代行サービスは、一度きりの利用の場合もあれば、リピートする場合もありますので、リピートする場合は、負担になり過ぎない範囲内なのかを、確認しましょう。

②記事の内容(記事の質・コピー記事)

質の低い記事や、コピーの記事で納品されてしまうと、外注をする意味が無くなってしまいます。

それなら外注しないで自分でコツコツと作成した方が絶対いいです。

一定レベルの記事の質を保証できるサービスなのか、事前にコピー記事かどうかをチェックしてくれるかどうかは、事前に確認しておきましょう。

③作業を途中で終了されないか

クラウドソーシングなどへ依頼をする場合など、作業の途中で終了されてしまったなどのトラブルが発生してしまうこともあります。

途中で作業が終了されてしまうと予定しているスケジュール通りに進まなくなってしまいます。

依頼から納品までを責任もって対応してくれるサービスかは、事前に確認しましょう。

ブログ記事作成代行

WITH TEAM 記事作成

WITH TEAM 記事作成のサービスは、「株式会社サクラボ」が運営しています。

依頼したテーマもしくはキーワードを元に、WEB上で検索可能な情報を参考にしながら、オリジナルで代理で記事作成をするサービスです。

また、「読みやすい記事」にこだわって記事作成を行います。

「柔軟な対応」、「1文字1円(最大割引時0.8円)の明朗会計」、「自社開発ツールによるコピペチェックと、仕様書に沿っているかを目視による校正チェック」、「基準を満たした厳選されたライター」、「様々なニーズに対応」など、顧客満足を最重視しています。

WITH TEAM 記事作成では、オリジナル記事作成だけではなく、バックリンク用記事作成代行、大量記事作成代行、記事校正&チェック代行、サテライトサイト作成代行などのサービスも行っています。

\ 公式HPで確認する /

特徴9つ

信頼できる厳選したライターが執筆

常時50~60人前後の契約ライター(厳しいチェックをクリアした信頼できるライター)が執筆しているので安心です。

教育した校正の目視チェック

依頼内容にそっているか、伝わる記事かなどを、厳しい目で事前にチェックしてくれます。

担当チームが納品まで進行管理

依頼から納品まで、チームで責任をもって進行管理してくれます。

独自チェックツールによるコピペ防止

コピー記事を納品されてしまっては意味がありません。独自のチェックツールを使うことで、コピー記事が納品されることを防いでくれます。

明朗会計!3つのプランと無料オプション

1文字1円です。
しかも無料オプションも豊富なので、細かな仕様依頼など、この金額の範囲内で対応ができます。

納期とスピード

納品予定日より少しでも早く納品できるように、進捗管理を徹底して納品してくれます。

顧客満足度98.8%

満足度が高い事はとても重要です。
2回目以降利用する場合は、前回と同じライターや仕様などで依頼ができることにより、高い品質を維持することができます。

アフターサービス

仕様にあっていない記事の場合などは、修正対応があります。

8000記事に生産性を限定

厳選されたライターのみが対応しているため、品質を維持して対応できる数には限りがあります。
1ヶ月の対応件数を8000記事にあえて限定することで、安定した品質と納期を確保することができます。

料金

料金プランは、下記の3種類のプランで、その他にも無料オプション、有料オプションがあります。

WITH TEAM 記事作成の料金プラン

1文字1円で、100記事以上の依頼で10%OFF、150記事以上の依頼で15%OFF、200記事以上の依頼で20%OFFになりますので記事数が多い場合は、お得に利用できます。

無料オプションは、タイトル作成、キーワードお任せ、小出し見出し対応、分納、キーワードの使用回数の指定、文体指定、指示と違う場合の修正、納品形式の指定があります。

有料オプションは、メタディスクリプション作成、記事アップ代行、サテライトサイト作成、弊社キーワード表(仕様書)以外でのご依頼などがあります。その他に何か希望があれば要望に応えてくれる可能性があります。

依頼の方法

どのように依頼をすればよいか悩んだ場合は、担当の方へ相談することもできます。

公式HPより「お問い合わせ・お申込み」をクリックします。

\ 公式HPで確認する /

まずは簡単にどのような依頼内容かを入力し、「同意して、確認画面に進む」をクリックします。

問題なければ「上記の内容で送信する」をクリックします。

(上記の例は「お申し込み・お見積り依頼」で「オリジナル記事作成代行」を依頼する場合の画面イメージです。)

問題なければ、「送信完了いたしました。」の画面が表示されます。

(株)サクラボが運営するWITH TEAM 記事作成は、土・日・祝祭日が定休日となっています。

そのため、土・日・祝祭日に問い合わせをした場合は、回答は翌営業日に順次対応となります。

受付が完了すると、「キーワード表」が送られてきますので、キーワード表に依頼事項を入力します。

キーワード表は2種類あり、細かくライターに指示をされたい方向けと、テーマ(概要)だけ決めて残りはライターのお任せしたい方向けがあります。

どちらかを選択し、キーワード表に入力し、返信をします。

返信後内容が問題なければ、請求金額を確認し、指定された振込先に金額を入金します。

入金が確認でき次第、記事作成に着手してくれます。

記事が完了後、記事完成のお知らせメールが届き、ダウンロードのURLが届きますので、ダウンロードサイトをアクセスします。

内容を確認後、ダウンロード期限内にダウンロードして記事の内容が問題ないかを確認しましょう。

まとめ:ブログの記事作成代行のメリットとデメリットは?

記事作成代行サービスを利用するにはメリット、デメリットがありますが、短期間でアフィリエイトで結果を出したい人、予算に余裕のある人は、サービスを利用することによって、利用しない時と比べると早めに結果を出せる可能性があります。

記事作成代行サービスなどを利用する場合は、相性もあるので実際に利用する場合は詳細を確認し、今の自分にとって使えるサービスかどうかは確認してから利用をしましょう。

\ 公式HPで確認する /

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次