アフィリエイトブログ運営に関する記事が中心で、初心者の方にも分かりやすいように丁寧に解説!

SWELLのABテストブロックは広告タグと一緒に利用するのがおすすめ

  • URLをコピーしました!

SWELLは、初心者の方でも使いやすく、優良なWordPressテーマのうちの一つです。

SWELLは機能が豊富で、ABテスト機能が標準搭載されています。

注意点として、ABテストブロック機能自体には計測機能は搭載されていませんので、広告タグ機能と組み合わせてクリック率を計測します。

\ SWELL(WordPressテーマ) /

スポンサーリンク
目次

ABテストとは

ABテストとは、2つのもの(AとB)を比較するテストのことです。

サイト広告などの設定をするとき、バナーの方がクリック率が高いのか、テキストの方がクリック率が高いのか、2つのことを比較したい時に使います。

ABテストを行うことで、より充実したサイト運営ができるようになります。

SWELLのABテスト(ABテストブロック+広告タグ)とは

WordPressを利用している場合、SWELLのテーマのようにABテストが機能として搭載されている場合があります。

SWELLは、ABテストブロック機能があります。

SWELLのABテストブロック機能は、単純にAブロックとBブロックの中身をランダムに表示するだけの機能となりますので、ABテストブロック機能自体には計測機能は搭載されていません。

ただ、SWELLには「広告タグ機能」があり、クリック率などを計測することができます。

そのため、ABテストブロック機能と広告タグ機能を組み合わせて利用することで、ABテストが使えるようになります。

SWELLのABテストブロックの使い方+広告タグの使い方

SWELLのABテストブロックの使い方は簡単です。

記事の投稿画面で、「+」ボタンのブロックを追加を選択し、「AB」で検索すると「ABテスト」が呼び出せます。

もしくは、「/AB」でブロックが簡単に呼び出せます。

SWELLのABテストブロックはシンプルです。

Aブロック、Bブロックが表示されるので、それぞれに設定したい内容を入力するだけです。

Aブロック、Bブロックに設定をする前に、事前に広告タグを作成しておきます。

広告タグの作成方法は下記の記事を参考に作成してみてください。

ABテストブロックに作成した広告タグの「呼び出しコード」を設定したら完了です。

下記は、広告タグ機能の「テキスト型」「アフィリエイト型」をそれぞれ設定していますので、どちらかがランダムに表示されています。

まとめ:SWELLのABテストブロックは広告タグと一緒に利用するのがおすすめ

WordPressテーマSWELLのABテストブロックの使い方を広告タグ機能と合わせて紹介しましたが、設定はとても簡単にできます。

ブログ運営を始めたばかりはABテストは使わないかもしれませんが、運営期間が長くなってくるとこのABテストが使える機能は重宝します。

\ SWELL(WordPressテーマ) /

SWELL
このブログで使っているテーマ

ConoHa WING
このブログで使っているレンタルサーバー

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる