WordPressテーマをCocoonからSWELLへ変更

SiteGuard WP PluginとXO Security!SWELL環境なら?

「サラリーマンパパのブログ」のWordPressテーマはSWELLを使用しています。

ログイン関連のセキュリティを強化するおすすめなプラグインとして、「SiteGuard WP Plugin」と「XO Security」が有名です。

サラリーマンパパ

私は両方試した結果、現在は「SiteGuard WP Plugin」を有効にしています。

目次

プラグインについて

プラグインは大変便利な機能ですが、WordPressのテーマや、既にインストールしているプラグインとの相性などによって、不具合を起こす可能性があります。

また、プラグインを入れ過ぎることにより動作が遅くなったり、機能が被ったりすることもあります。

大前提として、プラグインは入れ過ぎないように、理解しないまま適当に入れ過ぎないように、注意をしましょう。

SWELLの公式サイトでは

SWELLの公式サイトでは、「SiteGuard WP Plugin」の代わりに「XO Security」を使われているそうです。

SWELLの公式サイト

SiteGuard WP Plugin

サイトを作成した直後は、テーマはSWELLではなく、Cocoonを使用していました。

私が参考にしていたサイトでは、SiteGuard WP Pluginをおすすめしていましたので、SiteGuard WP Pluginを使っていました。

使っている期間は、特に問題もなく利用出来ていました。

途中で、テーマをCocoonからSWELLに変更し、プラグインの見直しをしていたのですが、公式サイトでは、XO Securityを使われているので、XO Securityに変更しました。

XO Security

XO Securityを使い始めた頃は、特に問題がなかったのですが、途中から「ログインCAPTCHA」の設定が上手く有効になりませんでした。

原因としては、おそらくGoogle Chromeのキャッシュの問題で、キャッシュを削除すればひとまず問題は解消されました。

それとは別にログイン画面にアクセス出来なくなってしまったこともり、私が調べた限りでは原因がわかりませんでした。

SWELLのテーマでXO Securityを使っている人は多く、私の環境ではたまたま合わなかったという現状です。

サラリーマンパパ

ということで、XO Securityではなく、SiteGuard WP Pluginを再度使うことにしました。

WordPressの管理画面にアクセス出来なくなった場合

WordPressの管理画面にアクセス出来なくなる場合の内容として、単純にURLを忘れただけならまだいいのですが、原因がわからずアクセスが出来なくなると厄介です。

あまりいい方法とは言えないと思いますが、私が対応したやり方を参考までに紹介します。

サラリーマンパパ

私は、レンタルサーバは「ConoHa WING」を利用しています。

「ConoHa WING」の管理者がメインにログイン後、「サイト管理」→「ファイルマネージャー」を選択します。

その後、「plugins」のフォルダを探し、該当するプラグインのフォルダを削除します。

そうすると、プラグインを削除したことになるので、WordPressの管理画面にログインできるようになりました。

ただ、サーバー上のデータをそのまま削除するやり方になりますので、操作を誤ってしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。

そのため、削除する場合は慎重にやりましょう。

まとめ

私の現在の環境では、XO Securityより、SiteGuard WP Pluginの方が合っている気がします。

ただ、今後環境の見直しを行った結果、XO Securityの方が合う可能性もあるので、また状況が変わったら記事を更新したいと思います。

この記事を書いた人

  • 30代後半の2児(👧&👨)のサラリーマンパパ
  • 本業:営業
  • 副業:ブロガー
  • 過去の副業:婚活パーティー運営
  • 資格:FP3級 / 基本情報技術者

プロフィールの詳細
Twitter
お問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる