MENU

ランクトラッカー無料版の注意点と豊富な機能を紹介!

  • URLをコピーしました!

ランクトラッカー(Rank Tracker)は無料版でも利用ができ、機能が豊富でおすすめの検索順位チェックツールです。

無料版では、一通りの機能を全て使う事が出来ますが、プロジェクトの保存機能がありませんので、本格的に分析したい人は有料版がおすすめです。

まずは、ランクトラッカー(Rank Tracker)の仕様を確認してみたい人は、有料版を購入しなくても、無料版で試す事ができますので、まずは無料版を利用してみましょう。

\ Rank Trackerを無料で利用する /

目次

ランクトラッカーのレビュー

ランクトラッカーがGRCよりおすすめな理由
  1. キーワードを無制限に登録できる
  2. Google Analytics、Google Search Consoleとの連携ができる
  3. キーワードプランナーとの連携ができ、検索ボリュームがわかる
  4. 検索順位以外の項目も一覧で確認ができる
  5. 競合分析ができる
  6. 同程度のプランなら価格差はあまりない
  7. その他にも検索順位チェック以外の機能が充実

ランクトラッカー(Rank Tracker)のレビューについては、下記の記事で詳しく解説しています。

ランクトラッカーの無料体験と注意事項

ランクトラッカー(Rank Tracker)は、ライセンスを購入する前に無料で機能を体験することができます。

ランクトラッカー(Rank Tracker)を使用する時、最初にサイト情報を登録するのですが、サイト情報などは「プロジェクトの保存」をすることで、登録内容を複数保存することができます。

ただ、無料ライセンスでは、プロジェクトの保存機能がありません。

そのため、ランクトラッカー(Rank Tracker)を終了してしまうと、登録した内容は全て消えるので、次に使う場合は、再度同じ内容を登録する必要があります。

保存が出来ないため、履歴も残せません。

基本的な機能は無料ライセンスで使用できるため、どんな機能があるか、動作確認であれば、無料ライセンスで問題ありません。

購入した後に後悔しないように、導入を検討されている方は、まずは無料で体験するのがおすすめです。

\ Rank Trackerを無料で利用する /

ランクトラッカーのメニュー

ランクトラッカー(Rank Tracker)のメニュー
  1. ターゲットキーワード
  2. キーワード調査
  3. SERP Analysis
  4. 競合他社の研究
  5. ドメインの強度
  6. レポート

①ターゲットキーワード

ランキングサマリー

ランキングサマリーは、「すべての検索エンジンの可視性」、「可視性進捗グラフ」、「検索エンジンによる可視性」、「alerts@skipthedrive.com」、「キーワードを上に移動/下に移動」を確認することができます。

ランクトラッキング

ランクトラッキングは、登録している各キーワードの検索順位などを確認することができます。
表示する項目は自由にカスタマイズすることができ、表示させる項目、表示順番は使いやすいように変更できます。

キーワード情報キーワードキーワード
キーワードグループキーワードのグループ
ランディングページキーワードに割り当てたページのURL
タグタグ
注意コメント
開始日キーワードの追加日
Google.co.jp rankingsGoogle.co.jp RankGoogleのランキング
Google.co.jp URLが見つかりましたランキングページのURL
Google.co.jp 差異前回とのランキングの差分
Google.co.jp SERP FeaturesGoogle一覧に表示されるSERP機能のリスト
Google.co.jp Previous Rank前回のランキング
Google.co.jp 日付を確認チェック日
Google.co.jp (Mobile) rankingsGoogle.co.jp (Mobile) RankGoogleのランキング(モバイル)
Google.co.jp (Mobile) URLが見つかりましたランキングページのURL(モバイル)
Google.co.jp (Mobile) 差異前回とのランキングの差分(モバイル)
Google.co.jp (Mobile) SERP FeaturesGoogle一覧に表示されるSERP機能のリスト(モバイル)
Google.co.jp (Mobile) Previous Rank前回のランキング(モバイル)
Google.co.jp (Mobile) 日付を確認チェック日(モバイル)
可視性可視性可視性スコアは、すべての優先検索エンジン一覧で、サイトが特定のキーワードに対してどれだけ目立っているかを表示
可視性の差異可視性との差異
ランキングページ特定のキーワードですべての優先検索エンジンのランキングが見つかったページ一覧
SEO分析検索数キーワードが過去30日間にGoogleで検索された回数
(Google Keyword Plannerに依拠)
競合性キーワードの競争力
(競合性の規定のソースは、Google Ads Keyword Plannerですが、環境設定→競合性で使いたい検索エンジンに変更可能)
KEI競合性レベルと検索量の比率
(KEIが高いキーワードは、オーガニック検索一覧を介してより多くのトラフィックをもたらす可能性あり)
予想される訪問数特定のキーワードでサイトが1位にランクされている場合のGoogleからの月間平均訪問数
キーワードの長さキーワードの長さ
キーワードの難易度Google.co.jp Keyword Difficultyキーワードの難易度
Google.co.jp (mobile) Keyword Difficultyキーワードの難易度(モバイル)
PPC分析クリック単価Googleの検索結果で追加がクリックされる毎に支払わなければならない金額
(Google Adsに依拠)
予想広告クリック数Googleでクリック課金型キャンペーンを実行中の場合のキーワードの推定クリック数
推定月額PPCコスト特定のキーワードに対するGoogle Adsのクリック課金型キャンペーンの推定月額コスト
オーガニック トラフィックセッション過去30日間のキーワードでのサイトへの訪問数
(Google Analyticsに依拠)
直帰率特定のキーワードを使用してWebサイトにアクセスした後、同じWebサイトの他のページにアクセスしないでそのWebサイトを離れたユーザーの割合
ページセッションランキングページの過去30日間の訪問数
(Google Analyticsに依拠)
ページ直帰率特定のキーワードを使用してランキングページにアクセスした後、同じサイトの他のページにアクセスしないでそのページを離れた訪問者の割合
セッション数/直帰数確認日セッション数/直帰数確認日
リーチ過去30日間に用語を検索したすべてのユーザーのうち、検索エンジンのリストからサイトにアクセスした検索者の割合を表示
オーガニックトラフィックキーワードが過去30日間にウェブサイトにもたらしたオーガニックユーザーの推定数
オーガニックページトラフィックランキングページが過去30日間に獲得したオーガニックユーザーの推定数
グーグル検索コンソールクリック数クリック数
インプレッション数インプレッション数
CTRCTR
ランキング平均ランキング平均

キーワードマップ

キーワードマップは、キーワードをグループ化することができ、グループごとに検索数や競合性などを確認することができます。

②キーワード調査

ランキングキーワード

ランキングキーワードメソッドを使用するドメインが既に指定した領域のグーグルのランキングのキーワードのリストを発見。

キーワードギャップ

キーワードギャップのランク付けしないあなたの競合他社のキーワードを見つけることができます。
プロジェクトごとの最大5競合他社にドメインを比較可能性があります。

検索コンソール&グーグルアナリティクス

グーグル検索コンソールとグーグルアナリティクスアカウントから有機性キーワードを収集します。

キーワードプランナー

様々なキーワードの提案のツールから、新しいキーワード候補を収集します。

オートコンプリートツール

最も人気のある検索エンジンやオンラインサービスからオートコンプリートの候補を集めることによって新しいキーワード候補を生成します。

関連する検索

関連検索は、あなたの言葉に関連するその他の結果間のSERPリスティングに表示される検索候補。

関連する質問

関連の質問メソッドは、人々が検索エンジンに見えるかもしれませんが、あなたの検索用語に関連する質問のさまざまな組み合わせを生成します。

TF-IDFエクスプローラー

TF-IDFエクスプローラーは最も有意義なを見つけることができ、よく使う位の競合他社のキーワード。

キーワードの組み合わせ

単語やフレーズの新しい組み合わせを作成し、スペルミスの単語を生成する新しいキーワード候補を取得します。

キーワードサンドボックス

検索したキーワードは、すべてキーワードサンドボックスに蓄積されます。

③SERP Analysis

Get in-depth SERP data and check for correlations between ranking factors and distribution of positions in organic search

(詳細なSERPデータを取得し、オーガニック検索でのランキング要因と位置の分布の相関関係を確認します)

④競合他社の研究

ドメインの競合他社

ターゲットドメイン/URLと同じキーワードでGoogleでランク付けされている競合他社を見つけます。

競合他社競合他社のURL
交差点独自のキーワード、交差するキーワード、競合他社固有のキーワードの割合
独自のキーワード指定されたターゲティング設定により、ターゲットドメインURLがGoogleでランキングしている一意のキーワードの数
交差するキーワードターゲットドメイン/URLと競合他社の両方がGoogleでランク付けするキーワードの数(指定されたターゲット設定による)
競合他社固有のキーワード競合他社がGoogleでランキングしている一意のキーワードの数(指定されたターゲティング設定による)
競合他社の合計キーワード競合他社がGoogleでランキングしている合計数上位100の結果内(指定されたターゲティング設定による)
オーガニックトラフィック競合他社がすべてのオーガニックキーワードで獲得した指定訪問者数(過去30日間)
トピックの競合他社

ニッチな競合他社を見つけましょう。
ランクトラッカーは、トピックキーワードに基づいて競合他社の調査を実行します。

Top Pages

Pull a website’s ranking pages. Rank Tracker will gather domain’s pages that are found as ranking in Google for the specified region and targeting settings.

(ウェブサイトのランキングページをプルします。ランクトラッカーは、指定された地域とターゲティング設定についてGoogleでランキングとして検出されたドメインのページを収集します。)

⑤ドメインの強度

ドメインの強度

ドメイン強度(0~10)は、多くの重要なSEO要因(ドメイン年齢、バックリンク、ソーシャルシグナル等)に基づいて計算された複雑な測定基準です。
この測定基準を使用して、サイトのSEOの「強さ」が時間の経過とともにどう成長するかを追跡します。

外部ドメイン要因

様々な外部サービスに応じたドメインの質の特性です。

ドメイン情報

ドメインの一般情報です。

検索エンジンをインデックス中

様々な検索エンジンで牽引付けされたドメインのページ数。

バックリンク

主なバックリンクプロファイルの統計です。

ソーシャルメディアの人気度

過去1ヶ月間の多様なソーシャルメディアのソースでのドメインの人気度とそのソースからのトラフィック量です。

ウェブサイトへのトラフィック

過去30日間の分析対象ドメインのトラフィック統計です。

⑥レポート

下記のレポートテンプレートがあり、新しいレポートを作成することもできます。

  • キーワードのランキングと可視性
  • 競合性ランキング
  • キーワードランキング(検索エンジン別)
  • キーワードのランキング(キーワード別)
  • ランキング履歴
  • キーワード調査
  • オーガニックなサイトトラフィック
  • ドメインの強度

レポートの出力について注意点があります。

ランクトラッカー(Rank Tracker)状で確認する分については問題ありませんが、レポートを「公開する」「共有する」「クイック保存」「印刷」は、PROFESSIONAL版には対応しておらず、ENTERPRISEのみ対応しています。

詳細は公式HPを確認してみてください。

\ Rank Trackerを無料で利用する /

ランクトラッカーの環境設定一覧

ランクトラッカー(Rank Tracker)は6つのメニュー以外にも様々な設定ができる環境設定の項目もあります。

ランクトラッカー(Rank Tracker)の環境設定は、「プロジェクトの環境設定」「グローバル環境設定」があります。

①プロジェクトの環境設定

ランクトラッカーの環境設定(プロジェクトの環境設定)
  • プロジェクト情報
  • 顧客プロファイル
  • 代替URL
  • 競合会社
  • タグ
  • イベント
  • 使用する検索エンジン
  • 検索エンジンのAPIキー
  • 検索エンジンのAPIキー
  • ランキング確認モード
  • Google Analyticsの設定
  • Google検索コンソールの設定
  • Page Speed Settings

プロジェクト情報

Rank Trackerの設定は、プロジェクトの環境設定とグローバル設定に分割されています。
プロジェクトの[環境設定]の下のメニューをクリックし、作業中のプロジェクトに適用する様々な設定を構成してください。

顧客プロファイル

Rank Trackerで作成するレポートを受信する顧客の詳細をここで入力します。
これはプロジェクト毎の設定となります。
必要に応じて、顧客の会社名、メールアドレス、住所とウェブサイトのアドレス、ロゴを指定してください。

代替URL

ここでプロジェクトのメインのサイトと共に追跡したい複数のURLを追加します。
たとえば、同じキーワードに対して最適化した別のWebサイト、御社ブランドのFacebookページ、YouTubeチャンネルなどの追加を選択することができます。

競合会社

ここで作業中のプロジェクトの競合他社を管理します。
Rank Trackerがランキングを監視し、比較する新たな競合他社の追加ができます。
競合他社の編集、プロジェクトからの削除、ランキング分析をレポートやデータのエクスポートに含めるかどうかを指定したり、特定のランクチェック設定を調整したりすることが可能です。

タグ

タグでRank Trackerのレコードを便利に管理することができます。
特定の単語やフレーズ(タグ)を任意のレコードに添付し、タグでレコードをグループ化または絞り込むことができます。
ここでプロジェクト全体で使用するタグの追加、編集、削除が可能です。
注意: 特定のレコードにタグを付けるには、メインのワークスペースでレコードを選択して右クリックし、[選択したレコードへのタグの追加]オプションを使用します。

タグを追加する方法は、まずは各メニューに「タグ」を表示させる必要があります。

列のカスタマイズにて、タグを表示させる設定を行います。

各キーワードの上で右クリックをし、「Add Tags」をクリックするとタグを追加することができ、「Remove Tags」をクリックすると、登録しているタグを削除することができます。

タグは、複数のキーワードに対して、同じタグを一括で登録することも出来ますし、一括で削除することもできます。

タグを入力する方法は、手入力でも問題ありませんが、既に登録しているタグを入力する場合は、「↓」のキーを入力することで、既に登録されているタグを呼び出すことが出来るので便利です。

ランクトラッカーのタグをメンテナンスする方法は、環境設定のタグから行う必要があります。

ランクトラッカーのメニューから「環境設定」→「タグ」をクリックします。

「追加」ボタンを押すと、タグを追加、「編集」ボタンでタグを編集、「削除」ボタンでタグを削除することができます。

「タグ」「使用数」でソートをすることができますので、登録したタグがどれくらい使用されているか、使用されていないタグがないかなど確認することができますので、不要なタグなどがあれば簡単に削除することができます。

タグを一括で削除したい時は、削除したいタグを一括で選択し、右クリック「タグを削除します」を選択することで、一括で削除ができます。

イベント

Rank Trackerでイベントを作成して、SEOやマーケティングキャンペーン、SEO業界や御社のビジネスニッチでの重要な変化など、あらゆる重要な出来事の記録を残すことができます。
イベントを作成しておくと、各イベントのサイトのランキング、トラフィックフロー、およびリンク量への影響を簡単に測ることが可能です。
特定のプロジェクトに対してのイベントだけでなく、すべてのRank Trackerプロジェクトに対して一度に新しいイベントを作成することもできます。
新しいイベントを作成するには[追加]ボタンを使用してください。

使用する検索エンジン

ランキングを確認したい検索エンジンを選択してください。
検索エンジンの横にあるプラスアイコンをクリックして利用可能な設定一覧をご覧ください。

検索エンジンのAPIキー

検索エンジンのAPIキーを使用すると、検索エンジンのポリシーに決して違反しない設定にすることができます。
ただし、API経由での日毎のクエリ数に制限があることに注意してください。
例えば、Bing APIでは1日のクエリ数が10,000に制限されています。

SEO/PPCデータ

これはSEO/PPCのデータを取得するグーグルの広告のソースを管理することができます(検索数、競争、コストクリック単価など)プロジェクトのキーワード。
プランナーのグーグルキーワードツールからキーワードの候補を取得するグーグルの広告のソースを使用しても。

ランキング確認モード

どの検索方法を使用し、いくつの検索エンジンの結果を確認するかをここで設定することができます。
トップ100の結果以上を設定するのは得策でない場合もあります – Google、Yahoo、Bing(またはその他の検索エンジン)のユーザーがトップ100以下のランキングのウェブサイトをチェックすることはめったにないからです。

Google Analyticsの設定

ここで、Google Analyticsアカウント情報を指定してRank Trackerのトラフィック統計を分析することができます。

Google検索コンソールの設定

ここでプロジェクト内のキーワードの収集に使用されるGoogle検索コンソールアカウントに接続することができます。
アカウントのログイン名とパスワードを入力するか、アカウントがない場合は「Google検索コンソール」のリンクをクリックしてください。

Page Speed Settings

Page speed factors reflect pages’ performance on both mobile and desktop devices and let you find opportunities to improve the pages for higher search engine rankings.

②グローバル環境設定

ランクトラッカーの環境設定(グローバル環境設定)
  • 会社プロファイル
  • Dropboxの設定
  • 公開プロファイル
  • Moz API設定
  • セーフティ検索設定
  • プロキシ設定
  • Scheduled Tasks & Alerts
  • エクスポートテンプレート
  • パーソナライズ設定
  • その他グローバル設定

ランクトラッカー(Rank Tracker) – グローバル環境設定では下記の項目が設定できます。

会社プロファイル

御社あるいは御社のビジネスに関する情報をここで入力します(Rank Trackerで作成するレポートに表示されます)。
必要に応じて、会社名、メールアドレス、ウェブサイトのアドレス、ロゴを指定してください。

Dropboxの設定

ここでDropboxログイン情報を指定してRank TrackerプロジェクトをDropboxに保存することができます。

公開プロファイル

公開プロファイルを使うとマウスクリックでレポート配信が可能です。
公開プロファイルを作成した後、Rank Trackerが設定(ファイル形式、メールまたはFTP配信オプションなど)を記録するため、他のレポートの作成の際に再入力する必要がなくなります。

Moz API設定

プロジェクトのドメイン認証(DA)およびページ認証(PA)の指標を収集するためにMoz APIキーが使用されます。
[キーを追加]をクリックしてMoz APIキー情報を指定するか、まだAPIキーをお持ちでない場合は右側のリンクをクリックします。

セーフティ検索設定

ヒューマンエミュレーション、ユーザーエージェント、プロキシのローテーション、CAPTCHA設定、セーフクエリモードについて、それぞれ設定ができます。

プロキシ設定

デフォルトのインターネット接続を使用せずにRank Trackerがプロキシサーバーを介してインターネットに接続するようにしたい場合は、ここでサーバーアドレスとポートを指定してください。
お使いのプロキシで認証が必要な場合は、有効なユーザー名とパスワードを入力してください。
入力内容が不明の場合は、システム管理者にお問い合わせください。

Scheduled Tasks & Alerts

In Scheduled Tasks & Alerts you can set your Rank Tracker to run certain tasks automatically on a specified date. The application can also send you alerts if there have been spotted any drops and changes in your project data. You can add and remove scheduled tasks or edit existing ones. Alerts can be enabled while adding or editing a scheduled task.

エクスポートテンプレート

エクスポートテンプレートではRank Trackerからのエクスポートをカスタマイズすることができます。
エクスポートするデータの選択、エクスポートファイルの種類の選択、.txtエクスポートの場合にはデータ表示形式などを選択することができます。
エクスポートテンプレートは無制限に作成することができ、必要に応じて利用可能です。

パーソナライズ設定

ソフトウェア画面で使用したい言語の設定とモニターの解像度に合わせたインターフェース要素のサイズ調整をここで行います

その他グローバル設定

すべてのプロジェクトに適用されるRank Trackerのその他の設定をここで構成することができます。

まとめ:ランクトラッカー無料版の注意点と豊富な機能を紹介!

ランクトラッカー(Rank Tracker)は機能が豊富な検索順位チェックツールですので、全てのメニューをチェックして有効活用しましょう。

ランクトラッカー(Rank Tracker)のレビューについては、下記の記事を参考にしてみてください。

\ Rank Trackerを無料で利用する /

ブログの始め方
初心者の方でも簡単に始めることができます

ブログランキング
ブログランキングに参加しています

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次