MENU

HTML名刺で被リンクを獲得しドメインパワーを上げる!

  • URLをコピーしました!

HTML名刺はTwitterアカウントがあれば誰でも無料で簡単に登録ができ、被リンクを獲得し、ドメインパワーが上がる可能性があります。

サイト作成した初期段階では、Googleからの評価も低く、アクセスも少ないためドメインパワーも低いです。

ドメインパワーを強化することで、SEO対策としても有効です。

ドメインパワーを上げる手段の一つとして、被リンクを獲得するのが有効です。

通常であれば、被リンクを獲得するのは難しいですが、自分でHTML名刺を作成し、被リンクの設定をするだけですので、簡単でおすすめです。

目次

HTML名刺とは

HTML名刺とは、WEB上に自己紹介ページを作成できるサービスのことです。

HTML名刺では、下記の内容を登録することができます。

  • 画像
  • 名前
  • 自己紹介
  • SNS、サイト情報等、各種項目(複数作成可能)
  • ハッシュタグ

各種項目では、複数の項目を作成することができますので、ブログのサイト情報や、SNSの情報、おすすめ情報など、表示させることができます。

「名刺内のリンクをスライドで表示する」「名刺をプライベートにする(検索/ランダム表示/一覧表示などで出ないようにする)」設定もできます。

管理者ページでは、「QRコードを表示」を確認することができ、下記の情報も確認できます。

  • このページを訪れた人数
  • 過去24時間の人数
  • あなたにいいねを押した人
  • あなたがいいねを押した人

HTML名刺で被リンクを獲得する設定

HTML名刺の登録は、Twitterを連携して登録するため、Twitterを登録していない人は、事前に登録が必要です。

HTML名刺の公式HPにアクセスします。

「自分の名刺を作る」を選択します。

下記の画面が表示されるため、「Twitter連携して始める」を選択します。

右上にTwitterの自分のアカウントが表示されていることを確認し、「連携アプリを認証」を選択します。

下記の画面が表示されれば認証完了で、登録内容を編集するために「名刺を編集」を選択します。

デフォルトで設定されている内容は、Twitterの登録情報から引っ張ってきてくれます。

今回のHTML名刺への登録目的は、「被リンク獲得」ですので、必ず「ブログサイトへのリンク」は設定してください。

設定を保存後、下記のように表示されていれば登録完了です。

リンクを設定した後は、設定したリンク先に飛ぶか必ずチェックをしましょう。

参考までに、私が登録したHTML名刺の内容です。

HTML名刺を作成して得られる効果

被リンク獲得後ドメインパワーアップ

HTML名刺を作成し、ブログサイトへのリンクを設定することがまず大前提です。

必ず被リンクが得られるわけではないため、絶対ドメインパワーがアップされるわけではありませんが、被リンクを獲得することにより、ドメインパワーがアップする可能性があります。

HTML名刺の登録は無料で、簡単で、すぐに公開できますので、ドメインパワーアップのためにも登録がおすすめです。

アクセス数アップ

HTML名刺に登録すると、検索、よく見られている名刺、ランダムで名刺を表示する、いいねを押した人などから、アクセスされる機会が増えます。

Googleからの検索、SNSからのブログサイトへのアクセスだけではなく、また違った面でブログサイトへのアクセスが増える可能性がありますので、HTML名刺に登録するメリットがあります。

HTML名刺以外の被リンク獲得方法

HTML名刺以外でも誰でも簡単に無料で被リンクを獲得し、ドメインパワーを上げる可能性がある方法について、下記の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

パワーランクチェックツール、ペライチ、note、ブログランキング、BlogMapなどがあります。

まとめ:HTML名刺で被リンクを獲得しドメインパワーを上げる!

サイトを作成した直後は特に、被リンクを獲得する機会は少なく、サイトの質も低いため、ドメインパワーが低い可能性があります。

ドメインパワーを少しでも上げる方法として、誰でも簡単に無料で出来るHTML名刺の作成がおすすめです。

HTML名刺の作成だけで劇的に変化するわけではありませんが、ドメインパワーを少しでも上げる手段の一つとして有効です。

ブログの始め方
初心者の方でも簡単に始めることができます

ブログランキング
ブログランキングに参加しています

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次