アフィリエイトブログ運営に関する記事が中心で、初心者の方にも分かりやすいように丁寧に解説!

WEBライター検定3級の合格へのコツは講義動画をチェックすること

  • URLをコピーしました!

WEBライター検定3級は、無料で登録できるクラウドワークスに登録していれば、誰でも無料で受験することが出来ます。

WEBライター検定3級は簡単そうなイメージもありますが、初心者の方が何も勉強せずに合格できるほど簡単な試験ではありません。

私も何も勉強せずに受験したら「不合格」になりました。

しかも、不合格になると14日間は再受験が出来ません。

14日後に再度チャレンジをして、合格になったら再度記事の内容を更新したいと思います。

スポンサーリンク
目次

WEBライター検定3級とは

WEBライター検定3級とは、コンテンツマーケティングのプロ集団である「株式会社グリーゼ」監修のライティングテストのことです。

無料で学べる講義動画もあります。

クラウドワークスに登録している人であれば、無料でWEBライター検定3級を受けることができます。

検定に合格することで、クラウドワークスのプロフィール上に、WEBライター検定の「合格証」が表示されるようになります。

WEBライター検定は、1級、2級、3級があります。

1級2級3級
特徴エキスパートスペシャリスト基本
形式記述式記述式マーク式
受験料¥25,000円(税込)¥10,000円(税込)無料
事前学習動画申込完了後に視聴可申込完了後に視聴可無料

WEBライター検定3級は、全50問・選択式で、オンラインですぐに受けることができます。

また、既に検定に合格している場合や前回の受験から14日経過していない場合は、受験することができませんので注意が必要です。

WEBライター検定3級受験の流れ

WEBライター検定3級を受験するには、クラウドワークスに登録している必要があります。

登録はまだの方は無料で登録できますので、登録からスタートしましょう。

\ 無料で登録する /

登録方法は下記の記事も参考にしてみてください。

クラウドワークスに登録後にログインします。

マイページ内にある「スキル検定」を選択し、スキル検定のページを開きます。

スキル検定ページ内の「WEBライター検定3級」を選択します。

「スキル検定を受験する」を選択すると問題のページが開きますので、マーク式で回答します。

全問マーク式で回答後に、「完了」で受験完了で、その後に受験結果が表示されます。

WEBライター検定3級を受験した結果

無料で学べる講義動画がありますが、まずは現時点での知識を知るために、講義動画は見ずに検定を受けてみた結果です。

サラリーマンパパ

本業は営業の仕事ですが、2021年5月に副業ブロガーとしてブログサイトを立ち上げ、2022年6月にWEBライター検定3級の受験をしました。

ブログサイトを立ち上げてからの軌跡については、参考までに下記の記事で紹介しています。

受けた直後の感想は、これまでのブログの経験で分かったのもありますし、社会人としての経験が活かされた内容もありましたが、全く分からない問題、判断に悩む問題がいくつかありました。

受験時間は、約30くらいかかりました。

回答する時間は人によって異なりますが、50問ありますので、受験をする時はある程度時間に余裕のある時に受けるのがおすすめです。

今回不合格でしたので、再度受験しようとすると、下記のように「再受験まであと:14日」と表示されます。

もし、再度受験をする場合は、再受験できるまで14日ありますので、その間に講義動画を見るなど対策が必要です。

WEBライター検定3級の講義動画

WEBライター検定3級の講義動画は無料で見ることができます。

2022年6月時点での内容としては下記の内容で、短い動画で2分程度、長い動画で20分程度です。

  1. 【オリエンテーション】なぜライティングスキルが重要視されているのか?
  2. 【オリエンテーション】本講座の進め方
  3. 【Chap.1 準備】ライティング前に確認すべき2つのポイント
  4. 【Chap.1 準備】執筆ガイドラインを確認する
  5. 【Chap.1 準備】【参考】Webと紙のライティングの違いを知る
  6. 【Chap.2 正しい文を書く】なぜ「正しい文を書く」ことが大切なのか?
  7. 【Chap.2 正しい文を書く】参考情報が正しいかどうかを見極める
  8. 【Chap.2 正しい文を書く】著作権のルールを守る
  9. 【Chap.2 正しい文を書く】正しい日本語を使う
  10. 【Chap.2 正しい文を書く】校正をする
  11. 【Chap.3 読みやすい文を書く】なぜ「読みやすく書く」ことが大切なのか?
  12. 【Chap.3 読みやすい文を書く】空白行を入れる
  13. 【Chap.3 読みやすい文を書く】見出し・小見出しを入れる
  14. 【Chap.3 読みやすい文を書く】目次を入れる
  15. 【Chap.3 読みやすい文を書く】漢字・ひらがな・カタカナを書き分ける
  16. 【Chap.3 読みやすい文を書く】体言止めでリズムを生み出す
  17. 【Chap.3 読みやすい文を書く】重複表現を避ける
  18. 【Chap.3 読みやすい文を書く】同じ表現を繰り返さない
  19. 【Chap.4 分かりやすい文を書く】なぜ「分かりやすく書く」ことが大切なのか?
  20. 【Chap.4 分かりやすい文を書く】一文一義で文を短く書く
  21. 【Chap.4 分かりやすい文を書く】箇条書きを使う
  22. 【Chap.4 分かりやすい文を書く】主語と述語を近くに置く
  23. 【Chap.4 分かりやすい文を書く】修飾語と被修飾語を近くに置く
  24. 【Chap.4 分かりやすい文を書く】肯定表現と否定表現を使い分ける
  25. 【Chap.4 分かりやすい文を書く】能動態と受動態を使い分ける
  26. 【Chap.4 分かりやすい文を書く】接続詞・接続助詞を適切に使う
  27. 【まとめ】

内容が変わっている可能性もありますので、詳細は公式HPから確認してみてください。

\ 無料で登録する /

WEBライター検定3級のメリット・デメリット

メリット

WEBライター検定3級のメリットは、WEBライターとしての基本を学ぶことで、WEBライターとしてのスキルを身につけることができることです。

WEBライターの仕事に役立てることもできますし、ブログ運営をしている人は記事作成に役立てることができます。

合格すると、クラウドワークスのプロフィールに合格証が表示されるようになりますので、仕事が受けやすくなる可能性があります。

講義動画は無料で何度も確認でき、受験に不合格でも何度でもチャレンジすることができます。

デメリット

全くの初心者の場合は、合格の難易度が高く、受験に不合格になった場合は14日間は再受験ができません。

合格するにはしっかりと勉強して対策する必要があります。

また、合格証書が発行されるわけではありませんので、クラウドワークス上以外では、アピールがしにくいです。

まとめ:WEBライター検定3級の合格へのコツは講義動画をチェックすること

私は何も勉強せずに受験したら残念ながら不合格になってしまいました。

無料で講義動画を見て勉強をすることはできますし、一度不合格になっても、14日後に再度チャレンジすることができます。

不合格になったらブログ運営が出来ないというわけでもないですが、知っていて役に立つ知識ですので、再度受験して合格した時は、この記事を更新したいと思います。

\ 無料で登録する /

SWELL
このブログで使っているテーマ

ConoHa WING
このブログで使っているレンタルサーバー

スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる