アフィリエイトブログ運営に関する記事が中心で、初心者の方にも分かりやすいように丁寧に解説!

SWELLバージョンアップ情報【ユーザー認証】※設定が必要です!

WordPressテーマのSWELLはバージョンアップの頻度も高く、とても使いやすい有料テーマです。

2021年11月にバージョンアップされた内容に「ユーザー認証」の機能が新たに追加されています。

新たに追加される「ユーザー認証」の設定をしないとSWELL本体のアップデートができなくなるので、バージョンアップ後は、「ユーザー認証」の設定を行いましょう。

目次

SWELL公式HPのバージョンアップ情報

今回のアップデート内容は、SWELLの公式HPに掲載されています。

SWELLのバージョンアップ方法

SWELLのバージョンアップ方法については、下記の記事も参考にしてみてください。

新たに追加された「ユーザー認証」を設定しない場合の注意点

本題の今回追加された「ユーザー認証」についての注意点です。

設定をしない場合は、「SWELL本体のアップデート」ができなくなります。

ダッシュボードの「更新」画面にアップデートの通知がでなくなります。

そのため、今回追加された「ユーザー認証」の設定は必要です。

なぜユーザー認証機能が追加されたのかは、公式HPに記載されていますが、やむなく今回の認証システムを導入することになったそうです。

設定は複雑ではありませんので、SWELLを使っている方は、設定をしておきましょう。

ユーザー認証を設定するための事前準備(新会員サイトへの登録)

公式HPの「SWELLのユーザー認証を行う手順」のページに記載の「新会員登録ページ」を選択します。

ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力し、「利用規約」を確認後、同意しますにチェックをして、登録します。

登録完了後、「新規登録」が完了しました。と表示されたら完了です。

事前準備は以上です。

ユーザー認証の設定方法

ユーザー認証の設定の前に、今回バージョンアップされたバージョンをダウンロード(更新)しておきます。

バージョンアップ前の「SWELLERS’ 設定」の画面

バージョンアップ後の「SWELLERS’ 設定」の画面

「SWELLERS’ 設定」から「SWELL アクティベート設定」に名称が変わり、設定内容が変わります。

「メールアドレス」を入力し、「認証リクエストを送信」を選択します。

登録したメールアドレス宛に以下のメールが送られてきますので、ワンタイムURLをクリックします。

「XXXの認証が完了しました。」と表示されたら認証完了です。

「自分のサイトに戻る」を選択後、「認証成功」になれば、認証完了です。

設定は以上です。

まとめ:SWELLバージョンアップ情報【ユーザー認証】

今回のSWELLのアップデート内容は、やむなく今回の対応方法になってしまっているとのことです。

設定が必要になりますが、設定は簡単にできますので、設定をしましょう。

SWELLについては、下記の記事にもまとめていますので、参考にしてみてください。

この記事を書いた人

  • 30代後半の2児(👧&👨)のサラリーマンパパ
  • 本業:営業
  • 副業:ブロガー
  • 過去の副業:婚活パーティー運営
  • 資格:FP3級 / 基本情報技術者

プロフィールの詳細
Twitter
お問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる