MENU

副業・趣味として「プログ」を始めよう!
初心者の方でも簡単にブログを開設できます

プログの始め方
  • ブログは、無料のサービスなど)でも始めることができます。
    でも、本格的に始めるならWordPressにしましょう。
  • WordPressは、①レンタルサーバーの契約をして、②WordPressテーマを適用すれば、初心者でも簡単です。
    WordPressテーマは、無料でもOKです。
    もし有料テーマを選択するなら、当サイトでも利用しているSWELLが優良でオススメです。
レンタルサーバーのキャンペーン情報
  1. :2024年2月14日までキャンペーン中「月額660円~」
  2. :2024年2月26日までキャンペーン中「月額693円~」
  3. :無料で10日間お試し!「月額550円~」

(ConoHa WING)

(エックスサーバー)

(ロリポップ)

ConoHa WINGお得にブログを始める

おすすめWordPressテーマ

格安スマホに変更して「節約」しよう!
手続きは意外と簡単です

スクロールできます
格安スマホ
公式HPイオンモバイルpovoLINEMOUQ mobileJ:COM MOBILE
プラン音声プラン----トクトクプラン
※自宅セット割が適用の場合
Aプラン ST/SU
3GB1,078円1,078円2,970円990円990円990円(1GB)1,078円(1GB)
1,628円(5GB)
10GB1,848円2,178円2,700円2,728円2,178円(15GB)2,178円
20GB1,958円2,728円
それ以上複数有無制限(3,278円)100GB(4,950円)複数有---
回線ドコモ・au楽天・auドコモauソフトバンクauau
税込み価格

投資を始めて「資産」を増やそう!
初心者の方でも低リスク・少額で始められます

投資(投資信託・NISA・株)を始めるには証券会社の口座の開設(無料)が必要です。
また、1つの証券会社だけではなく、複数の証券会社の口座も開設できます。
ただし、NISAは1人1口座しか持てません。
投資を始めたい方は、まずは口座の開設をしましょう!

スクロールできます
証券会社
公式HP楽天証券
クレジットカード三井住友カード楽天カードau PAY カードMATSUI SECURITIES CARD
ポイントTポイント楽天ポイントPontaポイント松井証券ポイント
単元未満株S株かぶミニ™プチ株取り扱い無し
> ブログの始め方(副業・趣味として、プログを始めてみませんか?) <

クラウド請求書!個人事業主向けおすすめ4選!

  • URLをコピーしました!
(広告)

副業や個人事業主として「請求書の作成って時間がかかるな」と感じたことはありませんか?

それぞれのクライアントへの請求額を計算し、それを明確に伝える請求書を作成する作業は、思った以上に時間と労力を要します。

そんなあなたの強い味方となるのが、クラウド請求書です。

これはインターネットを通じて利用することができ、請求書の作成から送付、そして未払いの管理までを一括で行うことができる革新的なツールです。

これにより、複雑なエクセル操作や紙ベースの作業から解放され、より大切な仕事や創造的な活動に時間を使うことができます。

ただ、クラウド請求書サービスは多数存在し、どれを選べば良いのか迷う方も少なくないでしょう。

そこで今回は、特に副業者や個人事業主向けのクラウド請求書サービス4選をピックアップし、それぞれのメリット、料金プラン、連携可能な会計ソフトなどを詳しく解説します。

これを参考に、あなたにぴったりのサービスを見つけ、ビジネスをさらにスムーズに進めていきましょう。

目次

クラウド請求書とは

クラウド請求書とは、インターネットを介してアクセスすることができるオンラインの請求書作成・管理サービスのことを言います。

これは物理的な請求書を手作業で作成、記録、保管するのではなく、デジタル化したものです。

このクラウドベースのシステムは、請求書の作成、編集、送付、保存、そして支払いの追跡などをすべてオンラインで行うことができます。

そして、これらのすべての操作は、インターネットが使えるどんな場所からでも行えます。

クラウド請求書は副業や個人事業主だけでなく、小中規模企業から大企業まで幅広い規模のビジネスで利用されています。

クラウド請求書のメリット

いつでもどこでもアクセス可能

クラウド請求書の最大のメリットの一つは、そのアクセシビリティにあります。

具体的には、インターネット接続があれば、いつでもどこからでもアクセスすることが可能です。

従来の紙ベースの請求書やローカルのソフトウェアでは、オフィスや自宅の一定の場所からしかアクセスできませんでした。

しかし、クラウド請求書はパソコン、タブレット、スマホなど、インターネットに接続可能なデバイスから自由にアクセスできます。

これにより、移動時間中や出張先、自宅でも請求書の作成や管理が可能となり、時間と場所に縛られることなく業務を遂行できます。

これは働き方の自由度を大きく向上させ、業務の効率化に大きく寄与します。

自動化による手間削減

クラウド請求書のもう一つの大きなメリットは、自動化による手間の削減です。

一部のクラウド請求書サービスでは、請求書の作成、送付、未払いの管理といった一連の流れを自動化する機能を提供しています。

例えば、特定の顧客に対する定期的な請求などは、一度設定することで自動的に請求書を作成・送付することが可能です。

これにより、毎回の手作業を省くことができ、作業のミスを防ぎ、時間を節約することができます。

また、未払いの請求書に対するリマインダーの送付なども自動化することが可能で、従来は手動で行っていた追跡作業を大幅に軽減することができます。

データ管理の一元化と安全性

クラウド請求書は、全ての請求データをクラウド上で一元的に管理することができます。

これにより、データの紛失リスクが大幅に低減します。

従来の紙ベースの請求書では火災や水害、紛失といったリスクが常にありましたが、クラウド上であればそのリスクをほぼゼロにすることができます。

さらに、クラウドサービスは信頼性の高いデータセンターに情報を保管し、データの暗号化、アクセス制御、障害対策など、高度なセキュリティ対策を講じています。

これにより、重要な請求情報が外部に漏れるリスクを最小限に抑えることができます。

クラウド請求書のデメリット

インターネット接続の依存度が高い

クラウド請求書は、基本的にインターネット接続が必要となります。

したがって、接続が不安定な場所や、何らかの理由でインターネットに接続できない状況では、請求書の作成や管理ができない可能性があります。

サービスの継続性

提供している企業の状況次第で、突然サービスが停止する可能性もあります。

その場合、請求書のデータを別のシステムに移行するなどの対応が必要となります。

セキュリティの問題

クラウドサービスは一般的に高度なセキュリティ対策を講じていますが、100%の安全性を保証するものではありません。

サービスの提供元のセキュリティ対策や、自社での適切な情報管理が必要となります。

コスト

一部のクラウド請求書サービスは有料で、その費用はビジネスの規模や利用度によります。

また、追加機能を利用するためには追加料金が発生することもあります。

クラウド請求書おすすめ4選

スクロールできます
サービス名料金プラン価格おすすめの対象者連携可能な会計ソフト
Misoca無料プラン0円試してみたい個人弥生会計
freee会計
マネーフォワードクラウド会計
プラン151年間無料
8,000円/年
請求書作成が多くなってきた個人
プラン1001年間無料
30,000円/年
複数人で管理したい法人
Square請求書フリー0円試してみたい個人
プラス3,000円さらなる機能が必要な方
freee請求書基本プラン0円試してみたい個人freee会計
マネーフォワードクラウド請求書パーソナルミニ1ヶ月無料トライアル
年額プラン800円/月(年額 9,600 円)
月額プラン980円/月
副業などで確定申告をする必要のある方マネーフォワードクラウド会計
パーソナル1ヶ月無料トライアル
年額プラン980円/月(年額 11,760 円)
月額プラン1,280円/月
自営業、個人事業主として確定申告をする必要のある方
パーソナルプラス1ヶ月無料トライアル
年額プラン2,980円/月
確定申告の操作が不安で電話サポートを受けたい方

Misoca

Misocaは、誰でも簡単に請求書を作成することができるクラウド請求書サービスです。

初心者でも使いやすい直感的なインターフェースが特徴で、請求書だけでなく見積書や領収書の作成も可能です。

さらに、未払い請求書の管理機能があり、請求額や支払い状況を一元管理することができます。

また、自動での請求メール送信機能も搭載しており、定期的な請求作業を大幅に効率化することができます。

無料プランを利用する! /

Square請求書

Square請求書は、決済サービス「Square」が提供する請求書作成サービスです。

その特徴は、手数料無料で使える点と、クレジットカード決済にも対応している点です。

これらの特徴から、副業で少額の売上しかない方や、オンライン決済を重視するビジネスにとって非常に便利なサービスと言えます。

無料で利用する! /

freee請求書

freee請求書は、会計ソフト「freee」が提供する請求書サービスです。

このサービスは、請求書作成だけでなく会計や経費精算も一括管理できる点が特徴です。

freeeと連携することで経理作業が一元化され、作業時間の大幅な削減が期待できます。

また、スマートフォンでも操作できるため、場所を問わずにビジネスを行うことが可能です。

無料で利用する! /

マネーフォワードクラウド請求書

マネーフォワードのクラウド請求書は、見積・請求書作成だけでなく、売掛金管理機能も備えています。

これにより、未払い請求書の管理や追跡が容易になります。

また、他のマネーフォワード製品(経費精算や会計ソフトなど)との連携もスムーズで、全体の業務効率化を実現します。

これらの特徴から、多機能な請求書サービスを求める個人事業主や中小企業に特におすすめです。

まとめ:クラウド請求書!個人事業主向けおすすめ4選!

今回は、副業をしている人や個人事業主のみなさんにおすすめのクラウド請求書4選についてご紹介しました。

Misoca、Square請求書、freee請求書、マネーフォワードクラウド請求書、それぞれにはユニークな特徴と利点があり、あなたのビジネススタイルに合わせて最適なものを選べます。

クラウド請求書は、場所や時間を問わずに請求書作成から管理までを一元化でき、仕事の効率化に大いに貢献します。

ただし、全てのサービスが全ての人に適しているわけではないため、料金プランや対応している会計ソフト、そして自身のビジネスのニーズをしっかり考慮して選びましょう。

最後に、クラウド請求書を利用することで、請求書作成のストレスを減らし、より重要な業務やクリエイティブな活動に集中できる時間を増やすことができます。

この機会にぜひクラウド請求書の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Misocaは、初心者でも使いやすい直感的なインターフェースが特徴で、おすすめです。

無料プランを利用する! /

  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次