WordPressテーマをCocoonからSWELLへ変更

子テーマと親テーマ【WordPressテーマ有効時の注意事項】

WordPressのテーマを有効化する前に、親テーマと子テーマの両方を通常インストールします。

WordPressのテーマを有効化にするのは、子テーマです。

親テーマは有効化にしないでください。

下記の例(Cocoon)は、テーマインストール後の画面で、左が子テーマで、右が親テーマです。

子テーマを有効にしています。

繰り返しますが、有効にするのは、子テーマです。

ここは間違えないようにしましょう。

目次

WordPressテーマのインストール(親テーマ・子テーマ)

WordPressを使用するにあたり、テーマのインストールは必要です。

WordPressのテーマについては下記の記事も参考にしてみてください。

テーマのインストールは、親テーマと子テーマの2つあり、2つともインストールしましょう。

Cocoonの場合は、親テーマ「Cocoon」子テーマ「Cocoon Child」です。

私は最初にインストールした時、親テーマと子テーマの2つをインストールするのは出来ていたのですが、何も調べずに親テーマを有効にしていました。

間違いですね。子テーマを有効にしましょう。

WordPressの親テーマと子テーマ

親テーマは、WordPressの基本のテーマです。

子テーマは、オリジナルにカスタマイズしていくテーマです。

親テーマでもカスタマイズは可能なのですが、親テーマのバージョンは定期的にアップされる可能性があります。

バージョンアップの頻度は、テーマによって、テーマが公開されたタイミングによって異なってきます。

基本的にはバージョンアップがあると思っておいた方いいです。

親テーマでカスタマイズをしてしまっている状態で、親テーマのバージョンアップを実施してしまうと、上書き処理をされます。

そのため、今までカスタマイズしていた内容(Cocoonの設定)が消えてしまいます。

子テーマでカスタマイズを行い、親テーマはカスタマイズせずに定期的にバージョンアップを行う事で、最新のバージョンのテーマを使いながら、カスタマイズが出来るのです。

そのため、WordPressのテーマは、親テーマではなく、子テーマを有効化しましょう。

まとめ

WordPressのテーマを有効にするのは、親テーマではなく、子テーマです。

ここは絶対間違えないようにしましょう。

親テーマを有効にした状態で、バージョンアップしてしまうと、Cocoonの設定内容が上書きされてしまいます。

もし、親テーマでカスタマイズしていたら、バージョンアップ前にバックアップは取得しておきましょう。

この記事を書いた人

  • 30代後半の2児(👧&👨)のサラリーマンパパ
  • 本業:営業
  • 副業:ブロガー
  • 過去の副業:婚活パーティー運営
  • 資格:FP3級 / 基本情報技術者

プロフィールの詳細
Twitter
お問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる