MENU

副業・趣味として「プログ」を始めよう!
初心者の方でも簡単にブログを開設できます

プログの始め方
  • ブログは、無料のサービスなど)でも始めることができます。
    でも、本格的に始めるならWordPressにしましょう。
  • WordPressは、①レンタルサーバーの契約をして、②WordPressテーマを適用すれば、初心者でも簡単です。
    WordPressテーマは、無料でもOKです。
    もし有料テーマを選択するなら、当サイトでも利用しているSWELLが優良でオススメです。
レンタルサーバーのキャンペーン情報
  1. :2024年5月24日までキャンペーン中「月額643円~」
  2. :2024年6月5日までキャンペーン中「月額495円~」
  3. :無料で10日間お試し!「月額550円~」

(ConoHa WING)

(エックスサーバー)

(ロリポップ)

ConoHa WINGお得にブログを始める

おすすめWordPressテーマ

格安スマホに変更して「節約」しよう!
手続きは意外と簡単です

スクロールできます
格安スマホ
公式HPイオンモバイルpovoLINEMOUQ mobile
プラン音声プラン----トクトクプラン
※自宅セット割が適用の場合
Aプラン ST/SU
3GB1,078円1,078円2,970円990円990円990円(1GB)1,078円(1GB)
1,628円(5GB)
10GB1,848円2,178円2,700円2,728円2,178円(15GB)2,178円
20GB1,958円2,728円
それ以上複数有無制限(3,278円)100GB(4,950円)複数有---
回線ドコモ・au楽天・auドコモauソフトバンクauau
税込み価格)

投資を始めて「資産」を増やそう!
初心者の方でも低リスク・少額で始められます

投資(投資信託・NISA・株)を始めるには証券会社の口座の開設(無料)が必要です。
また、1つの証券会社だけではなく、複数の証券会社の口座も開設できます。
ただし、NISAは1人1口座しか持てません。
投資を始めたい方は、まずは口座の開設をしましょう!

スクロールできます
証券会社
公式HP楽天証券
クレジットカード三井住友カード楽天カードau PAY カードMATSUI SECURITIES CARD
ポイントTポイント楽天ポイントPontaポイント松井証券ポイント
単元未満株S株かぶミニ™プチ株取り扱い無し

仮想通貨(ビットコイン)を始めるには暗号資産交換業者へアカウント登録(無料)が必要です。
ただし、始めて仮想通貨の取引をする方は、「余剰資金」を使って慎重に取引をしましょう。
もし実際に始めてみたいと思った方は、まずは「0.01BTC(ビットコイン)」を確保することから始めてみましょう!

スクロールできます
暗号資産交換業者
公式HPbitFlyerDMMビットコイン
ポイントCoincheckつみたて
CoincheckNFT
大口OTC取引
Coincheck貸暗号資産サービス
つみたて暗号資産
貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム
ステーキング
IEO
レバレッジ2倍つみたて
貸して増やす
ステーキング
bitFlyer Lightning
bitFlyer かんたん積立
bitFlyer クレカ
Tポイントから交換
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類は、国内 No.1
> ブログの始め方(副業・趣味として、プログを始めてみませんか?) <

VPS初心者必見!おすすめVPS&選び方完全ガイド!

  • URLをコピーしました!
(広告)

ウェブサイトやアプリを運営する際、ホスティング環境をどう選ぶかは重要な問題です。

その中で、最近注目されているのが、VPS(仮想プライベートサーバー)です。

VPSは、リソースが専用で使えるため、安定性やセキュリティが高く、また、柔軟にリソースを調整できるため、拡張性にも優れています。

この記事では、VPSの基本的な概念や、レンタルサーバーやクラウドサーバーとの違い、選び方、おすすめプロバイダーについて、初心者にも分かりやすく解説します。

目次

VPSとは何か

VPSとは、「Virtual Private Server仮想プライベートサーバー)」の頭文字をとった言葉で、1つの物理的なサーバーを特別な技術を使って、複数の独立した仮想サーバーに分けることができるサービスです。

VPSでは、それぞれの仮想サーバーに専用のリソース(CPU、RAM、ディスク容量など)が割り当てられ、他の仮想サーバーとは切り離された環境で利用できます。

これにより、まるで自分だけのサーバーを持っているかのような使い勝手が得られます。

レンタルサーバー・VPS・クラウドサーバーの違い

レンタルサーバーは、ウェブホスティングサービスの一種で、物理的なサーバーの一部を借りてウェブサイトを運営するサービスです。

主に共有ホスティングが提供されており、複数のユーザーが同じサーバー上のリソースを共有します。

レンタルサーバーは、初期費用や管理コストが低く、手軽に利用できるため、個人や中小規模のウェブサイトに適しています。

VPSは、物理的なサーバーを仮想化技術を用いて複数の独立したサーバーに分割し、各ユーザーに専用のリソース(CPU、RAM、ディスク容量など)を割り当てるサービスです。

VPSは、共有ホスティングに比べて安定性や柔軟性が向上しており、中規模のウェブサイトやアプリケーションに適しています。

クラウドサーバーは、インターネット上の仮想環境で提供されるサーバーサービスで、必要に応じてリソース(CPU、RAM、ストレージなど)をスケールアップ・ダウンできます。

クラウドサーバーは、信頼性や可用性が高く、急激なトラフィックの増加にも対応できるため、大規模なウェブサイトやアプリケーションに適しています。

まとめると、レンタルサーバーは手軽で低コストな共有ホスティングを提供し、VPSは独立したリソースと柔軟性を提供し、クラウドサーバーは高い信頼性とスケーラビリティを提供します。

それぞれの特徴に基づいて、ウェブサイトやアプリケーションの要件に合ったサービスを選択することが重要です。

スクロールできます
適用規模・用途メリットデメリット
レンタルサーバー個人や中小規模のウェブサイト初期費用・運用コストが低い
手軽に利用できる
管理が容易
他のユーザーの影響を受けやすい
リソースが限定されている
VPS中規模のウェブサイトやアプリケーション独立したリソースを利用可能
柔軟な環境構築が可能
専用のリソースで安定性が高い
共有ホスティングに比べ費用が高い
技術的な知識が必要な場合がある
クラウドサーバー大規模なウェブサイトやアプリケーション高い信頼性・可用性
リソースが柔軟にスケール可能
急激なトラフィック増加に対応可能
費用が高い場合がある
技術的な知識が必要な場合がある

この表を参考に、初心者の方でも各サービスのメリット・デメリットや適用規模・用途を把握し、自分のニーズに合ったサービスを選択することができます。

各サービスにはそれぞれ特徴がありますので、プロジェクトの要件に応じて最適な選択を行いましょう。

VPSの選び方

VPSの選び方
  1. リソース要件
  2. 予算
  3. サポート
  4. 機能と拡張性
  5. 評判
  6. オペレーティングシステム(OS)の選択
  7. コントロールパネル
  8. プロバイダーの信頼性

リソース要件

まずは、必要なCPU、RAM、ディスク容量などのリソース要件を把握しましょう。

それに応じて、適切なプランを選ぶことが重要です。

予算

VPSプロバイダーにはさまざまな価格設定がありますので、予算に合ったプランを選ぶことが大切です。

また、長期利用で割引が適用される場合もあるため、契約期間も考慮してみてください。

サポート

トラブルが発生した際に迅速かつ適切なサポートが受けられるかどうかは、VPS選びの重要なポイントです。

カスタマーサポートの評判や対応時間、サポート体制(チャット、電話、メール等)を確認しましょう。

機能と拡張性

VPSプロバイダーごとに提供する機能やオプションが異なります。

例えば、自動バックアップ、DDoS対策、専用IPアドレスなどの機能があるかどうかを確認し、自分のニーズに合ったプロバイダーを選びましょう。

また、将来的なスケーラビリティも考慮しておくと良いでしょう。

評判

口コミやレビューを参考に、VPSプロバイダーの評判や実績を調べてみましょう。

他のユーザーの意見や経験を参考にすることで、より適切な選択ができます。

オペレーティングシステム(OS)の選択

VPSプロバイダーによっては、複数のオペレーティングシステム(Linux、Windowsなど)が提供されていることがあります。

自分のプロジェクトに適したOSをサポートしているかどうかも、選ぶ際のポイントになります。

コントロールパネル

VPSの管理に使われるコントロールパネルも、プロバイダーによって異なります。

使い慣れたコントロールパネルが提供されているか、あるいは初心者にも使いやすいものがあるかどうかを確認しましょう。

プロバイダーの信頼性

VPSプロバイダーの信頼性は、サービスの安定性やサポート品質に影響します。

企業の歴史や実績、SLA(サービスレベルアグリーメント)の内容などを確認して、信頼性の高いプロバイダーを選ぶことが望ましいです。

これらのポイントを踏まえて、自分のプロジェクトやニーズに合ったVPSプロバイダーを選びましょう。

また、無料トライアルや返金保証があるプロバイダーもありますので、実際に試してみることも良い選択肢です。

おすすめのVPS

ConoHa VPS

\ たったの25秒でサーバーが作れます /

ConoHa VPSは、GMOインターネットグループが提供するVPS(Virtual Private Server)サービスです。

ConoHa VPSは、日本国内のデータセンターを中心に、安定したインフラストラクチャを提供しています。

以下に、ConoHa VPSの特徴を紹介しますが、ConoHa VPSは、初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応したVPSサービスです。

高速・高品質なインフラ

ConoHa VPSは、高速なSSDストレージや、堅牢なデータセンターを利用しており、高品質なインフラ環境を提供しています。

シンプルな料金プラン

ConoHa VPSは、シンプルでわかりやすい料金プランが特徴で、初心者にも利用しやすいです。

また、1時間単位での課金が可能で、使った分だけ支払うことができます。

ConoHa VPSは、全てのプランで初期費用は無料、最小限の費用でVPSをご利用いただけます。

プランとしては、「Web運用者向けの独自SSL(アルファSSL)がセットになった長期割引」「開発環境など、VPSのみのシンプルなご利用用途に適した長期割引」「スポット利用者向けの時間課金タイプ」の3種類から選択し、更にスペック、契約期間を選択できます。

下記は、Web運用者向けの独自SSL(アルファSSL)がセットになった長期割引サービスで、36ヶ月契約の場合の料金プランです。

柔軟なリソース変更

ConoHa VPSでは、CPUやメモリ、ディスク容量などのリソースを自由に変更することができます。

これにより、ビジネスの成長やトラフィックの変動に柔軟に対応できます。

サポート

ConoHa VPSは、日本語によるサポートが充実しています。

また、FAQやドキュメントが充実しており、初心者でも安心して利用できます。

オペレーティングシステムの選択

ConoHa VPSでは、複数のLinuxディストリビューションやWindows Serverなど、さまざまなオペレーティングシステムを選択できます。

コントロールパネル

ConoHa VPSは、独自のコントロールパネルを提供しており、直感的な操作でサーバーの管理が可能です。

セキュリティ対策

ConoHa VPSは、DDoS対策やファイアウォール設定などのセキュリティ機能が充実しており、安心して利用できます。

\ たったの25秒でサーバーが作れます /

まとめ:VPS初心者必見!おすすめVPS&選び方完全ガイド!

本記事では、VPS(仮想プライベートサーバー)の概要や、レンタルサーバー・クラウドサーバーとの違い、VPSの選び方、おすすめプロバイダーについて解説しました。

VPSは、専用のリソースを利用できるため、安定性・セキュリティ・拡張性に優れています。

おすすめのVPSプロバイダーを紹介しましたが、実際に試してみて、予算、リソース、サポート、信頼性などを考慮し、自分のニーズに合ったプロバイダーを見つけましょう。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

CAPTCHA


目次