WordPressテーマをCocoonからSWELLへ変更

投稿一覧画面をカスタマイズするプラグイン(Admin Columns)

WordPressの投稿一覧画面をカスタマイズしたいと思ったことはありませんか?

初心者の方は特に、簡単にカスタマイズが出来れば便利ですよね。

プラグイン(Admin Columns)を使って、簡単にカスタマイズできる方法を紹介します。

目次

プラグイン(Admin Columns)適用後の投稿一覧画面のイメージ

プラグイン(Admin Columns)を適用すると下記のように項目を追加する事が出来ます。

プラグイン(Admin Columns)は、項目の追加だけではなく、項目の並び替えも簡単に出来ます。

プラグイン(Admin Columns)のインストール

まずは、プラグイン(Admin Columns)をインストールします。

他のプラグインのインストールと同様に、プラグイン「新規追加」→「Admin Columnsを検索」→「インストール」→「有効化」の順に、プラグインを有効化してください。

プラグイン(Admin Columns)の設定画面

有効化が完了すると、WordPressの「設定」メニューに、「Admin Columns」が表示されます。

設定のタブが3つ表示されますが、「Columns」の設定をします。

投稿一覧画面のカスタマイズだけではなく、固定ページなどのカスタマイズも可能です。

今回は、投稿一覧画面のカスタマイズをするため、「投稿」を選択して設定をします。

「+Add Columns」を選択すると、項目を追加するメニューが表示されます。

次に、「Type」から項目の内容を選択、「Label」に表示名を設定し、「更新」を選択すれば、投稿一覧画面に反映されます。

設定できる項目一覧(Type)

設定できる項目一覧(Type)は、公式サイト上は下記の通りです。

  • 操作
  • [PRO] Advanced Custom Field column
  • 添付ファイル
  • 添付ファイル数
  • 投稿者
  • 投稿者名
  • タグの前に
  • カテゴリー
  • コメント数
  • コメント状態
  • コメント
  • 内容
  • カスタムフィールド
  • 発行日
  • ページの深さ
  • 推定読了時間
  • 抜粋
  • アイキャッチ画像
  • 書式
  • ID
  • 最終編集
  • 順序
  • ページテンプレート
  • パス
  • パーマリンク
  • Ping ステータス
  • 投稿フォーマット
  • 権限
  • ショートコード
  • スラッグ
  • ステータス
  • 先頭に固定表示
  • タクソノミー
  • 単語数

WordPress上での表示項目は英語表示になっています。

必要に応じて、自分が追加したい項目を追加しましょう。

また、「Columns」の画面にて、項目の順番を自由に変えられますので、使いやすいように並び替えを合わせて行いましょう。

まとめ

WordPressの投稿一覧画面のカスタマイズについて、プラグイン(Admin Columns)を使って簡単にカスタマイズできる方法を紹介しました。

プラグインは、適用しているテーマや他のプラグインとの相性により、問題が発生する場合がありますので、その点注意をして利用しましょう。

この記事を書いた人

  • 30代後半の2児(👧&👨)のサラリーマンパパ
  • 本業:営業
  • 副業:ブロガー
  • 過去の副業:婚活パーティー運営
  • 資格:FP3級 / 基本情報技術者

プロフィールの詳細
Twitter
お問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる