WordPressテーマをCocoonからSWELLへ変更

ノートパソコンを閉じた時にスリープ状態にさせたくない場合の設定

ノートパソコンを閉じた時、スリープ状態になってしまい困っていませんか?

スリープ状態の設定がよければ問題ないですが、スリープ状態にさせたくない人向けに、設定方法紹介します。

目次

ノートパソコンを閉じた時にスリープ状態にさせたくない時とは

ノートパソコンだと画面が小さいので、大きなモニターに繋げている人は多いと思います。

サラリーマンパパ

私は職場でも自宅でもノートPCを使用しているので、モニターに繋げて使用しています。

画面は大きい方が使いやすいですからね。

ノートPCを閉じた方が見た目がすっきりしますが、そのままノートパソコンを閉じてしまうと、スリープ状態になりませんか?

そんな時は、パソコンの設定を変更するだけで、スリープ状態を回避出来ます。

ノートパソコンを閉じた時にスリープ状態にさせない設定

「windows」ボタン→「設定」を選択します。

「システム」を選択します。

「電源とスリープ」→「電源の追加設定」を選択します。

「カバーを閉じたときの動作の選択」を選択します。

カバーを閉じたときの動作が「スリープ状態」になっていた場合は、「何もしない」に変更をします。

以上で、設定は完了です。

動作確認をしてスリープ状態にならなければ、設定がうまく反映された証拠です。

まとめ

今回は、ノートパソコンを閉じた時にスリープ状態にさせたくない場合の設定方法を紹介しました。

簡単に設定変更が出来ますので、興味のある方は設定してみてください。

この記事を書いた人

  • 30代後半の2児(👧&👨)のサラリーマンパパ
  • 本業:営業
  • 副業:ブロガー
  • 過去の副業:婚活パーティー運営
  • 資格:FP3級 / 基本情報技術者

プロフィールの詳細
Twitter
お問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる