WordPressテーマをCocoonからSWELLへ変更

結婚後のお金の管理方法は共働き夫婦のどちらで管理した方がよいか?

独身の時は自分の好き勝手にお金を使ったり、管理することができますが、結婚するとそうもいきません。

結婚した後は、夫婦でちゃんと話し合いの時間をを設けて、お金の管理について話をしましょう。

目次

共働き夫婦

共働き夫婦か、専業主婦(主夫)かによっても考え方は異なってくるとは思いますが、基本的な考え方は同じだと思います。

複数の銀行口座と複数のクレジットカードを準備

結婚するまではそれぞれの銀行口座を持っていましたので、それはひとまず別々での管理にし、共通で使うように共通用の口座(生活費)を設けることにしました。

毎月決められた金額をそれぞれが入金し、生活費などはそこから支払うイメージです。

共通用の口座は、私の使っていない「ゆうちょの口座」に設定しました。

子供が出来てからは、子供用の「ゆうちょの口座」を開設し、児童手当などは、子供用の口座に入金しています。

毎月の入金金額は、支出のシミュレーションをして決定しました。

臨時でお金が必要になった場合などは、毎月の入金金額とは別に臨時の入金をすることもあります。

生活費用の口座とは別に、共通用の口座(貯金)も作りました。

また、共通で利用するようにクレジットカードを2枚(私(夫)用と妻用)を契約しました。

最初はクレジットカード1枚と共通用の財布で支払いをしていましたが、クレジットカードの方が便利ですし、ポイントも貯まりますので、家族カードを作り、それぞれ1枚ずつクレジットカードを持つようになりました。

共通口座(生活費・貯金)、クレジットカード(家族カード)複数枚の運用はおすすめです。

キャッシュレス化

支払いはなるべくキャッシュレス化にした方が、家計簿アプリと連携もできますし、管理が楽になります。

家計簿は必須

家計簿はお金の管理には必須のアイテムです。

どんな方法でも管理をしていればいいですが、今は家計簿アプリが便利でおすすめです。

毎月収支結果の報告

生活費の入金は自動で振込が出来るように設定して、支払いは基本クレジット払いです。

家計簿はアプリで管理をしているため、普段対応することは基本ありません。

その代わり、毎月1回は必ず収支状況を家計簿アプリでチェックし、その結果を報告するようにしています。

報告することで、現状のお金の流れを把握することができますので、毎月1回の収支報告はおすすめです。

まとめ

結婚後のお金の管理は、夫婦のうちどちらが管理をしても大丈夫だと思います。

注意点としては二人で話し合って決める事です。

片方が勝手に運用などを決めるのではなく、お互い話し合って納得した上で運用すれば、後は管理だけの問題なので、どちらでもOKです。

この記事を書いた人

  • 30代後半の2児(👧&👨)のサラリーマンパパ
  • 本業:営業
  • 副業:ブロガー
  • 過去の副業:婚活パーティー運営
  • 資格:FP3級 / 基本情報技術者

プロフィールの詳細
Twitter
お問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる