WordPressテーマをCocoonからSWELLへ変更

転職という選択肢があることを覚えておきましょう

私は大学を卒業してから転職を複数回して、ようやく今の会社に落ち着いている状況です。

社会人になって最初の転職はかなり勇気が必要でした。

本当に転職をしていいのか、今の仕事を辞めるのは逃げになるのではと。

ただ、今言えるのは、転職をするのは悪い事ではありません。

むしろ今の環境が悪い、他にやりたい事があれば、転職した方が絶対にいいです。

転職を考えている人も、まだ考えていない人も、転職をしていいという選択肢があることを覚えておくと、今後何かがあっても動きやすいです。

目次

何故転職しようと思ったのか?

まずは、何故転職をしようと思ったのかを考えてみましょう。

私の場合は、単純に仕事が合わなかった場合もあれば、やりたい事が他に見つかった、待遇が悪くなったなどの理由で転職をしました。

転職活動は退職前?退職後?

転職活動は理想は退職する前に実施する方がいいです。

理由は、もし転職先が見つからなかった時や、意外と今の会社の方が良かった、ということもあり得ますので、出来るだけ退職前に転職活動をしましょう。

私は、退職前、退職後の両方経験がありますが、退職後に転職活動をしてなかなか決まらなかった時、かなり焦りました。

焦ると正常な判断が出来なくなる可能性がありますので。

ただ、今の会社がブラック企業、精神的、肉体的にも危険な状態であれば、出来るだけすぐに辞めた方がいいと思います。

体を壊してしまっては、次も動けなくなりますからね。

転職方法は?

転職方法は主に以下の方法があります。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 希望している会社の採用情報から直接申込
  • 電車、バスなどのつり革広告
  • インターネットの広告

私が対応した方法は、転職サイト、転職エージェントでした。

転職サイトは気軽にネットから申込が出来るのと、応募もネットから出来るので、その点はメリットです。

デメリットとしては、転職サイト上には公開されていない優良企業の求人がない場合があります。

その点、転職エージェントはおススメです。

転職サイトにはない優良企業の求人を紹介してくれる可能性があるからです。

転職エージェントは申込後、基本的に担当の方と面談があります。

何故転職しようと思っているのか、次はどんなところに転職したいのか、これまでの職歴など、ヒアリングされます。

面談した結果、担当の方が紹介出来そうな企業を紹介してくれます。

自分だけでの活動だけだと気付かない部分も気付けるため、まずは転職エージェントに登録、相談してみるといいと思います。

まとめ

転職活動をすると、今まで気づかなかった、今の会社の良さ、悪さが見えてきます。

意外と今の会社でいいと思う事もありますし、他の会社の魅力を感じることもあります。

転職活動をした結果、今の会社に残って転職しないという結論になるのもいいと思います。

それも転職活動をしてよかったと感じられるはずです。

今の会社にいてモヤモヤしている人も、外の世界を知ってみるという意味で転職活動をするのはありです。

その代わり、転職活動をしている事は、秘密にして活動しましょう。

この記事を書いた人

  • 30代後半の2児(👧&👨)のサラリーマンパパ
  • 本業:営業
  • 副業:ブロガー
  • 過去の副業:婚活パーティー運営
  • 資格:FP3級 / 基本情報技術者

プロフィールの詳細
Twitter
お問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる