WordPressテーマをCocoonからSWELLへ変更

車の固定費を削減する一番の方法は車を手放すこと

お金を貯める方法の一つは、毎月発生している固定費を削減することです。

車はとても便利なので、車生活に慣れてしまうと車を手放すという事は考えにくいと思います。

私は学生時代から車を持っていましたが、都内に引っ越しをした事がきっかけで車を手放すことになりました。

その時は嫌でしたが、今では車を持たない事が当たり前になったので、逆に助かっています。

目次

車を持つことのデメリット

固定費がかかる

車を持つことの大きなデメリットは、固定費が必ずかかることです。

まず最初に車を購入する費用が発生します。

一括で買う場合もあれば、ローン払いもあると思います。

保険は必ず入りますので、保険代は毎月発生します。

それ以外にもガソリン代、洗車代、車検、タイヤ交換、車の部品修理など、車を持っているだけで様々な費用がかかってしまいます。

危険が伴う

自分の運転に自信がある人でも、自分が事故を起こさなくても、他の人から事故を起こされる可能性はあります。

軽い事故(車の傷程度)であれば、保険でカバー出来たりしますが、自分の身に何かがあっては取り返しがつきません。

家族の身に何かあったら耐えられません。

車に乗っているということは、事故が起きてしまう可能性がゼロではないということです。

家族が出来てから余計に考え方が変わりましたね。

車を手放す事で得られるメリット

固定費削減

一番のメリットは、車にかかっている全ての費用をゼロにすることが出来る事です。

車生活に慣れてしまうと、手放すタイミングがないと難しいかもしれませんが、固定費を真剣に下げたいという方は、車を手放すということも選択肢の一つとして考えてもいいと思います。

まずは、車にかかっている金額がどれくらいあるかを計算しているといいと思います。

運動不足解消

運動不足の解消としても、車を手放して得られるメリットの一つです。

車があると、近くに行くにしても車で行きます。

車は便利ですからね。

荷物も運べますし、人も運べますし。

車がないと歩くしかありません。

荷物もそうですし、子供も抱っことなると、結構大変です。

ただ、強制的に体を動かすことができるため、運動不足の解消としても、車を持たない事はいいことです。

車がない場合の交通手段

基本的には公共の交通機関を利用しています。

近場は歩きですし、仕事や遊びに行く時は、電車とバスが基本です。

場所によってはタクシーを利用することもあります。

車を持っている時は、タクシーを利用するのは勿体ないと思っていましたが、車を維持する金額に比べたら、タクシーの料金はたかが知れています。

住んでいる場所によっては、車がないと生活しにくい所はあると思いますので、その場合は、車を手放す判断はなかなか難しいとは思います。

車が欲しいと思うタイミング

車がない生活にはすっかり慣れていますし、車を持つという選択肢は基本的にはありませんが、それでも車が欲しいと思ってしまうタイミングあります。

一番は、荷物が多い時、かつ、子供が寝ている状態で抱っこしないといけない時です。

一人でいる時は車の必要性はほとんど感じないですが、子供関係になると、あった方が便利だなと感じる場面は出てきます。

それでも、車の維持費と便利さを天秤にかけると、車を持たないという選択に必ずなります。

お金に余裕があって、危険が伴わなければ、車を持つという選択をする可能性はゼロではありませんが、運動不足にはなりたくないですし、今は考えられないですね。

まとめ

私的には車を持つメリットよりは、車を持たないメリットの方が大きいため、車を持たないという判断をしています。

固定費が削減出来れば、その分、投資にまわしたり、他の事に使う事ができます。

車が必ず必要な方は無理して手放す事はないと思いますが、不要かもしれないと思っている人は思い切って車を手放すことも、ありだと思います。

この記事を書いた人

  • 30代後半の2児(👧&👨)のサラリーマンパパ
  • 本業:営業
  • 副業:ブロガー
  • 過去の副業:婚活パーティー運営
  • 資格:FP3級 / 基本情報技術者

プロフィールの詳細
Twitter
お問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる